秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸メール > 改変内容 > 秀丸メール V6.93β版の改変内容 dummy

  秀丸メールβ版の改変内容

  2020/05/29 V6.94β24
  • 機能追加/仕様変更
    • Hangup Checkerにて、保護モードのHTMLメールViewerについてのハングアップ状況も出力できるようにした。
  • バグ修正
    • 外国語Windowsの場合にエディタ・ウィンドウのステータスバーに表示される日本語文字列が化けることがあるバグ修正。
    • HTMLメールViewerから応答がなかなか無い場合にステータスバーにEscキーで中断できることを表示するようにした。
    • 「Subject:の[...]部分を省略表示する」をONにしても音声化ソフトウェア用のテキストデータでSubjectが省略されてなかったバグ修正。

  2020/05/26 V6.94β23
  • バグ修正
    • 検索フォルダを下矢印キーで選択しつつさらに下矢印キーで通過して他のフォルダを選択し、その最後の選択フォルダがカレンダー表示ONになってると保護違反で落ちてしまうバグ修正。

  2020/05/21 V6.94β22
  • バグ修正
    • 常駐アイコンONで、秀丸メール本体ウィンドウ終了時にIMAP4の同期が実行されるとウィンドウが閉じないことがあるらしい問題対応。および、同期対象アカウントが複数ある場合はまとめて実行するようにした。

  2020/05/21 V6.94β21
  • 機能追加/仕様変更
    • HTMLメール本文が「&#nnnn;」で偽装されて、さらにプレーンテキストパートがその文字列そのまま入ってきてるメールの場合、メール本文が&#だらけで読めなくなることが無いようにした。
    • 秀丸メール起動時に秀丸アドレス帳シンクロナイザを起動してた処理をやめた。
  • バグ修正
    • 秀丸メールを常駐してる場合で、秀丸メール本体ウィンドウを閉じる操作をしてIMAP4の同期の処理が実行されてる最中にさらにAlt+F4キーなどで閉じる操作をした時に、閉じる操作が多重実行されておかしなことが起きる問題対応。

  2020/05/14 V6.94β20
  • 機能追加/仕様変更
    • HTMLメールだけどもHTML部分を除去したメールについても「HTMLタグを隠す」が効くようにした。
    • HTMLメールViewerでHTMLメールを表示してる状態で、URLの上にマウスホバーしてURLをステータスバーに表示できるようにした。(保護モードを導入してから効かなくなってたのを直した)
  • バグ修正
    • 全般的な設定のマウス右ボタンメニュー関係の設定で、しかも音声化じゃないバージョンで、チェックマークをON/OFF切り替えして音声化用のオンオフ文字列が更新されてなかったバグ修正。
    • 秀丸エディタのキー割り当てで、CtrlやShiftキーと組み合わせてるキー割り当てが、HTMLメールViewerがONの時にうまく効かないバグ修正。

  2020/05/11 V6.94β19
  • バグ修正など
    • 「暗号化メールを表示したら、自動的に復号する」が検索フォルダでうまく動作しないバグ修正追加。
    • 英語モードで、検索ダイアログのあいまい検索の設定ダイアログが英語になってなかったバグ修正。
    • リモートメール一覧にメールを追加してERROR_VIRUS_INFECTEDのエラーが出ても、エラーメッセージを表示せずメール一覧更新をするようにした。

  2020/05/08 V6.94β18
  • バグ修正など
    • 「全般的な設定・上級者向け・暗号化/電子署名」の「暗号化メールを表示したら、自動的に復号する」や「電子署名されたメールを表示したら、自動的に検証する」がONでも、検索フォルダ上だとうまく動作しないバグ修正。
    • 「秀丸メールテスト.mac」の添付をやめた。
    • 英語モードヘルプ用のhelpid.hとturukame.hhpファイルがインストールされてなかったバグ修正。
    • 秀丸スペルチェックアドインの英語モード対応。
    • HmDWrite.dllの英語モード対応。
    • 発信元の国識別データベースを更新した。

  2020/04/30 V6.94β17
  • 機能追加/仕様変更
    • 秀丸スペルチェックアドインの英語モード対応についての対応。
  • バグ修正
    • UNICEFからのメールマガジンのメールが化ける対策。metaタグのcharset認識をもっと厳格にやるようにした。
    • 「スレッド根元が見つからない場合でも無理矢理スレッド化する」をONにしてる時で、既存のスレッド表示に新着メールが追加された時に、そのオプションが効かないバグ修正。

  2020/04/27 V6.94β16
  • 機能追加/仕様変更
    • 「リマインダで送信」とする時に、Content-Type: / X-TuruKame-Encoding: / X-TuruKame-Notification: / X-TuruKame-BccGreeting:ヘッダの内容もリマインダに受け渡しするようにした。
    • 迷惑メールフィルターで、「++!urlt=XXXXX」の対象となるメールは日本国内から発信されてるメールでもなくべるURLチェッカー判定されるようにした。

  2020/04/23 V6.94β15
  • 機能追加/仕様変更
    • 秀丸リマインダVersion 1.50と組み合わせた場合に添付ファイルも「リマインダで送信」できるようにした。
    • 音声化バージョンじゃなくてもチェックマーク付きリストボックスの音声化対応をするようにした。
    • メールデータおよび受信ログをファイルに書き込む時に、メールデータの区切り行とメールデータをセットで1回のWriteFileで書き込むようにした。(USB接続SSDを利用の特定ユーザー様の所で区切り行が無くなって保存される例があるらしいので)
  • バグ修正
    • 英語モードで、「アカウント毎の設定・メールサーバー・POP3/IMAP4・ExchangeOnline」のページが日本語表示されてしまってたバグ修正。(英語ページ作成し忘れ)
    • 秀丸アドレス帳シングロナイザで外部アドレス帳が更新されるとソート順が狂ってしまう問題対応。秀丸メール側で、外部アドレス帳用ファイル読み込み時に、中にあるグループ毎にソートしなおすようにした。
    • 迷惑メールフィルターの英語モードがうまく動いてなかったバグ修正。TkFilterEngSub.dllがうまくインストールされてなかった。
    • リモートメール一覧の更新時にアンチウイルスソフトが反応してエラーコード225または226の内部エラーが出ることがある対策。(225または226のエラーは無視するようにした)
    • Windows Server 2019のTerminal ServiceでIMEが使えない対策。「tsaware」の指定をするようにした。(現象の確認はしてないけど)

  2020/04/13 V6.94β14
  • 機能追加/仕様変更
    • HmJre.dllのV5.08を添付。英語のヘルプファイル付きになった。
    • スレッド根元が見つからない場合でも無理矢理スレッド化する動作を、独立したオプションにした。「全般的な設定・メール一覧・スレッド・詳細・もっと詳細」に追加した。
    • Exchange Online先進認証のアカウントの場合に、「受信したメールをサーバー上に残す」をOFFにするか、または「一定期間置いてから削除」をONにしたことによる対象メールをアーカイブフォルダへ移動する用のオプション追加。(それ用の「アカウント毎の設定・メールサーバー・POP3/IMAP4・ExchagneOnline」ページ追加。)
    • Exchange Online先進認証でのOAuth認証で、prompt=consentを省略する用のオプション追加。(企業ユーザー様向け)
    • Exchange Online先進認証のアカウントで、アーカイブフォルダや削除済みアイテムフォルダをダウンロード対象に指定した場合に警告など表示するようにした。
    • ダウンロード済みメールかどうか判定する用の処理に、現在のハッシュ関数とは別のハッシュ関数を使って厳密なチェックをするようにした。ただしリモートメール一覧での「ダウンロード済み」表示については新しいハッシュ関数によるチェックは無し。
    • 秀丸メールを起動して、既に秀丸メールが存在してるはずの時に、秀丸メールのウィンドウを探す処理で、タイムアウトでエラーにするまでの時間を10秒から20秒に変更した。特定ユーザー様の所でパソコンが非常に重い時にこのエラーが出て困ることがあるそうなので。
  • バグ修正
    • 複数のメールをまとめて送信する時に、ステータスバーが見づらくなってた(通数が見えにくくなってた)バグ修正。

  2020/04/06 V6.94β13
  • バグ修正
    • 「このメールのスレッド」系コマンドでスレッドがループする場合に無限ループして固まってしまうことがあるバグ修正。
    • 「このメールのスレッド」系コマンドでスレッドの根元が見つからない場合の兄弟検索の処理でキャンセル/タイムアウトが効かないバグ修正。

  2020/04/03 V6.94β12
  • バグ修正
    • 「このメールのスレッド」系コマンドでスレッドの根元が見つからない場合に、関係ないメールが出てくるバグ修正。(β10で追加した処理のバグ)

  2020/04/02 V6.94β11
  • バグ修正
    • In-Reply-To:の連結元メールが存在しないけども、同じ連結元のメールが複数ある場合にそれらを1つにまとめる対策いろいろ修正。同一フォルダ内のメール全部対象にした&「このメールのスレッド」系コマンドでも効くようにした&検索結果の一覧をスレッド表示にした時も効くようにしたなど。
    • 「下に未読メールが無かった場合の処理」でアカウント内で一周する設定の時に、「上の未読メール」などでアカウントをまたがっていたバグ修正。

  2020/03/31 V6.94β10
  • バグ修正
    • V6.94β9で追加した処理が、メールが4通以上だとおかしくなってたバグ修正。

  2020/03/31 V6.94β9
  • 機能追加/仕様変更
    • 「Re:で始まるメールを無理矢理連結する」と「無理矢理連結する範囲を最大限に拡大する」の両方がONの時に、In-Reply-To:の内容が同じで連結元メールが無いメールを1つのスレッドに無理矢理まとめるようにした。ただし、送受信日時の期間が30日より離れてる場合はつながらないこともある、という仕様。

  2020/03/27 V6.94β8
  • 機能追加/仕様変更
    • ストアアプリ版の送金警告メッセージからバージョン情報を表示できるようにした。
    • 英語版Windowsの場合はインストール時に生成されるショートカット名を「HidemaruMail」になるようにした。&、秀丸メール側でのショートカット作成も英語対応した。関連づけ情報も英語対応した。
    • 「受信したテキスト形式添付ファイルをShift-JISに自動変換する」のオプション廃止。OFF相当固定にした。(metaタグで文字コード指定してるutf-8文字コードのhtmlファイルがブラウザで表示して化ける問題が起きるので)
    • 英語版Windows上で自己インストール書庫やHideInst.exeを起動しても日本語が表示されることが無いようにした。(英語/日本語の2種類でバージョンリソースを書くようにした)
  • バグ修正
    • 「すべて既読にする」のキー割り当てが検索結果の一覧上で効かないバグ修正。
    • 検索結果の一覧上で「すべて既読にする」を実行した後に、秀丸メール本体ウィンンドウ上のメール一覧が更新されない(既読になったメールが未読表示のままになる)バグ修正。
    • 検索結果の一覧上でメールを削除するなどして添付ファイルのプレビュー関係の処理で保護違反が出る問題対策&dump.txt出力追加。

  2020/03/12 V6.94β7
  • 機能追加/仕様変更
    • 「全般的な設定・上級者向け・デバッグ・デバッグ3」に「添付ファイルのアイコン取得にSHGetFileInfoを使わない」のオプション追加。および、SHGetFileInfoから返ってこなかった場合は自動でここのオプションをONにするようにした。
    • メモリ不足などが原因でエディタ・ウィンドウの作成に失敗した時に、問い合わせメッセージから再起動できるようにした。

  2020/03/09 V6.94β6
  • 機能追加/仕様変更
    • OAuth認証のダイアログボックスでEnterキーを押してもキャンセルされないようにした。
    • 検索フォルダのメールを開いて「返信メール/転送メール」を実行した時に、検索フォルダ側でテンプレート指定されてる場合はその指定の方が優先されるようにした。
  • バグ修正
    • IMAPの同期モードのアカウントで、マクロでメールを処理した後にメールの移動/コピー、アップロード、削除、未読/既読切り替えなどの操作が複合してサーバーへの同期の処理が実行された時に、メールの移動/コピーなどのいくつかの処理が実行されないことがあるバグ修正。
    • IMAP同期モードで草稿フォルダの同期指定されてる時に、草稿フォルダへの保存を何回も繰り返し実行すると、アップロード用一時ファイルの生成で「ファイルのオープンに失敗」のエラーが出ることがあるバグ修正。
    • IMAPアップロードの、メールをアップロードしてる最中に中断要求された場合に、メールのアップロードは成功してるけどアップロード用の一時ファイルが削除されずに残ってしまってたバグ修正。
    • 送信済みメールをIMAPサーバーにアップロードする指定がなされててその処理が実行されようとした時に、たまたま秀丸メール本体ウィンドウが送受信の最中だと、その送受信が終わった後に現在選択してるメールをIMAPアップロードするコマンドが間違って実行されるバグ修正。
    • 送信済みメールのIMAPアップロードを中断すると、その後別のメールをアップロード指示するまでずっと送信がなされないバグ修正。中断のタイミングによってはアップロードに成功してるのに一時ファイルが削除されずに残る場合があるバグ修正。

  2020/03/02 V6.94β5
  • バグ修正
    • 検索フォルダでメールが多重表示になることがあるバグ修正。(V6.94β4でのレベルダウン)

  2020/03/02 V6.94β4
  • 機能追加/仕様変更
    • UIDL解析に非常に時間がかかってもタイムアウトしないようにした。進捗を表示しつつ、NOOPコマンドをサーバーに送って通信が切れないようにした。
    • メールアドレス検索のオプションに「正規表現で文字列検索」を追加した。
  • バグ修正
    • メール一覧ウィンドウをユニコードウィンドウにしたはずが実はなってなかったバグ修正。
    • IMAP4の同期モードの場合、リモートメール一覧での「ダウンロード済み状態の切り替え」コマンドを使った時にエラーメッセージ表示するようにした。
    • 検索結果のウィンドウの「内容の表示」がOFFなどいくつか条件が重なると、検索結果の表示後に「FileMan.cpp(140)」の内部エラーが出ることがあるバグ修正。

  2020/02/25 V6.94β3
  • 機能追加/仕様変更
    • Windows10の場合に添付ファイルを「コピー」としてからどこかに「貼り付け」とした時にファイルが読み取り専用属性になってしまう問題対応。TempMailフォルダにコピーしたファイルを「コピー」されるように仕様変更した。
    • リモートメール一覧の「▼」ボタンのメニューに「ダウンロード済み状態の切り替え」コマンドを追加して、ダウンロード済みかどうかの状態を切り替えできるようにした。
    • 今さらながら、Windows10の場合に限ってIPv6対応した。IPv6についてのオプションも念のため追加。(全般的な設定・上級者向け・デバッグ・ソケット)

  2020/02/18 V6.94β2
  • 機能追加/仕様変更
    • gmailのOAuth認証が失敗した後に、ブラウザを使って再試行できるようにした。(Exchange Online用の再試行の手続きをgmailからも使えるようにした)
    • マクロ登録のダイアログボックスを秀丸エディタの最近のバージョンと同じ方式(順序入れ替えできる方式)に変更した。
    • 検索結果を表示したままメール一覧の不正を検出した場合に、検索結果のウィンドウに「この検索結果は信用できません!!!」の表示を出すようにした。
  • バグ修正
    • アカウント毎設定で「UIDLコマンドを使わない」をONにしてるとメールを受信しなくなってしまうバグ修正。(だいぶ前のバージョンでレベルダウンしてたと思う)
    • 検索結果の一覧上で追加検索する場合に同じメールが2通出てこないようにする安全対策追加。
    • 検索結果の一覧を表示したままメール用ファイルを書き換えると、検索結果一覧上のメールを選択した時に保護違反で落ちてしまうことがあるバグ修正。
    • 外国語HTMLメールを選択してから普通の日本語メールを選択した時に最初からスクロールアップした状態でメールが表示されてしまうバグ修正。(hidesoft.8:06247)

  2020/02/04 V6.94β1
  • 機能追加/仕様変更
    • メール一覧の列に特定ヘッダ内容を表示する設定にしつつ、ヘッダ内容に空指定した場合、エラーメッセージを出してOKできないようにした。
    • HTMLメールをプレーンテキストに変換する時に、「
」または「
」は除去するようにした。(なぜかそういうメールがあるので)
    • メール一覧のウィンドウをユニコードウィンドウに変更した。音声化ソフトがユニコード対応の場合はユニコード文字を正しく音声化するようになると思う。
  • バグ修正
    • 受信系メールをエディタ・ウィンドウで開いている状態で「全終了」コマンドを実行して、何か警告メッセージが出て終了をキャンセルした場合に、その後同じ警告メッセージがエディタ・ウィンドウの数だけ繰り返してしまうバグ修正。
    • HTMLメール上で署名変更してうまく古い署名の置き換えが効かないバグ修正。&、「署名なし」へ切り替える時に元の署名がうまく置き換えできなくてもエラーメッセージが出ないバグ修正。


『戻る』

| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |