秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸スパムフィルター for Becky! > URLチェッカー用APIキーの取得方法 dummy

  URLチェッカー用APIキーの取得方法

URLチェッカー用のAPIキーの取得方法について(2018年11月7日更新)
秀丸スパムフィルター for Becky!の主要機能である「URLチェッカー」を使うためには、ご自身でGoogle APIのAPIキー(API-KEY)を取得する必要があります。その手順を説明します。前提条件として、googleのアカウント(=gmailのアカウント)を取得してる必要があります。もしまだ取得してない場合は、https://accounts.google.com/SignUp?hl=jaにアクセスするなどしてアカウントを取得してください。

課金についての注意:
 ここで説明するやり方でAPIキーを作成すれば、そのキーは無料のキーになります(その代わり、1日に問い合わせできる回数に制限がある)。無料のキーなので、それに対して課金される(お金を請求される)ことはありません。しかし、やり方によっては有料版のキーを作成することも可能で、間違って有料版にしてしまうと課金される可能性があります。特にGoogleアカウントに対してクレジットカードを登録して買い物が出来るようにしてあると、間違って課金される可能性があるかもしれません。なので、出来ることならクレジットカードの登録をしてないGoogleアカウントでAPIキーを作成するのがお勧めです。例えばアンドロイドスマートホン用のGoogleアカウントだと課金の可能性があるのでそれは使わず、パソコン上でgmail用に取得したアカウントでAPIキーを作成するのがお勧めです。
 万が一操作ミスでGoogleから課金されてもサイトー企画は責任取れませんので、その辺間違いないようお願いします。


APIキーの作成方法:
Google API Console(https://console.developers.google.com)にアクセスします。普通だとgoogleにログインする画面が出てきて、ログインに成功すると、Google API Consoleの画面になります。Google Cloud Platformの無料お試しの案内などが出ても、スキップしてください。

初期画面が出てきたら、「ライブラリ」をクリックします。

API Console初期画面

左側の「CATEGORY」の所をスクロールアップしていくと、下の方に「Developer Tools」があるのでそれをクリックします。

Developer Tools

右側に「Custom Search API」が出てくるのでそれをクリックします。出てこない場合は「APIとサービスの検索」の中に「Custom Search」と入力して探す方法もあります。

Custom Search API

「有効にする」をクリックします。

Custom Search API 有効にする

「認証情報」をクリックしてから「認証情報を作成する」をクリックします。

認証情報を作成する1

プロジェクトを作成するように催促されるので、「作成」を押します。

プロジェクト作成

プロジェクト名を適当に入力して「作成」を押します。

プロジェクト名入力

Custom Search APIのページに戻るので、そこで改めて「有効にする」をクリックします。

Custom Search API 有効にする2

「認証情報を作成」をクリックします。

認証情報を作成2

使用するAPIにCustom Search APIを選択して「必要な認証情報」をクリックします。

必要な認証情報

「完了」をクリックします。

APIキーの完了

APIキーが表示されます。APIキーの下にあるボタンをクリックすると、APIキーがクリップボードにコピーされます。

APIキーのコピー


秀丸スパムフィルターの設定を呼び出して、URLチェッカーの設定を呼び出して、APIキーの欄に貼り付けます。


APIキーを貼り付けたら、「テスト」ボタンを押して動作確認します。動作確認を1日に100回以上実行するとクエリー回数の制限になるので、テスト回数はほどほどにしてください。

テスト結果

APIキーが間違ってると、「reason: keyInvalid」のようなエラーになります。

エラーケース


『戻る』

| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |