秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸エディタ > 改版履歴 > 秀丸エディタV8.10βの改版履歴 dummy

  秀丸エディタβバージョン改版履歴

  2011/07/21 Ver8.10(正式)
  • 自動起動マクロの新規作成直後があるとき、「新規に秀丸エディタを起動するとき自動でデスクトップ復元する」が失敗することがるのを対策。
  • ファイルマネージャ枠の[+][-]の描画に失敗したときの対策。

  2011/07/20 Ver8.10β13
  • 新規作成と同時に常駐する場合、常駐ができるまで待つようにするのを、起動数のチェックの改善。(起動と同時のデスクトップ復元が失敗する場合の対策)
  • マクロ実行が参照ダイアログのとき、「開く」ボタンを「実行」にする。
  • ATOK2011のアップデートモジュールを適用後して、XPで詳細なテキストサービスOFFのとき、秀丸エディタで変換候補を出した後終了させると落ちる問題の対策。
  • その他細かい修正(ダイアログのアクセスキーの修正など)

  2011/07/13 Ver8.10β12
  • TSV/CSVのソートで、「数値の部分は数値の大小関係でソートする」かと「Unicodeの文字コードで比較」のとき、同じ文字列の場合ソート前の状態を維持できていなかったのを修正。
  • setfilehistで空の文字列で最後のヒストリを消した場合、レジストリにゴミを書かないようにする。
  • ホームページURLのカラー化で、「notes:」をカラー化する設定にしてる時、それをダブルクリックしてもうまく関連づけられたアプリケーションソフトが起動しないバグ修正。
  • 見出しバーや縦スクロールバー上のボタンのツールチップ表示でWindows7で落ちることがあるのを修正。

  2011/07/05 Ver8.10β11
  • キー操作の保存/読み込みでも[動作環境]→[環境]→[高度な環境]に「マクロ実行ダイアログ」を適用する。
  • マクロ実行ダイアログを参照ダイアログに設定しているとき、前回のファイル名を表示するのと編集ボタンを付ける。
    (秀丸ファイラーClassic使用時はV1.00β73以降必要)

  2011/06/24 Ver8.10β10
  • 部分編集でEOFの行をインデントした後のアンドゥが失敗する問題修正。
  • DirectWriteの設定をONにして設定内容を保存し、XPで復元するとエラーメッセージが表示されてしまうのを修正。

  2011/06/21 Ver8.10β9
  • インストーラでコピー失敗時にはコピー先フォルダ名を表示する。
  • ファイルタイプ別の設定の「デザイン」の部分をUnicode描画にする。
  • /xオプションでマクロ起動したときは、マクロ実行ダイアログに記憶されているマクロとして記憶しないようにする。
  • 横スクロールバーが右端まで行かないことがあるのを修正。
  • タブが更新によって複数行になると、ウィンドウ分割の片方が黒くなってしまうのを修正。
  • 「関連付けで開く」のUnicodeのファイル名対応。
  • 自動保存でIME経由の入力は入力文字数で更新回数を数えるようにする。(上書きモードではもともと文字数でした)
  • ファイルマネージャ枠の幅を変更してから複数のタブを切り替えると枠が閉じてしまうことがあるのを修正。

  2011/06/13 Ver8.10β8
  • 置換ダイアログのシステムメニューにも使える機能を表示する。
  • [その他]→[動作環境]→[環境]→[高度な環境]に「マクロ実行ダイアログ」を追加。
  • endmacroの後にセミコロンが無くても従来実行できてしまっていたマクロの対策。
  • ヒストリから削除されたファイルを選んだときのメッセージ内容を改善。
  • 縦書きモードの切り替え時にIMEの状態をリフレッシュするようにしてみる(カナロックがおかしくなるという話の対策)

  2011/06/06 Ver8.10β7
  • キー割り当てと「エンコードの種類」コマンドのメニューの順番がUTF-16がShift-JISの下にあったのを整理する。
  • キー操作の記録で、全置換のとき「追加の条件」が記録されていない問題修正。
  • ASCIIファイルでJISではないEscがあるときの判定改善。
  • ヒストリのファイルが無いときに削除するかどうかのメッセージを出すようにする。
  • ファイルタイプ別の設定で上部の設定のリストを切り替えてルーラーOFFになってからキャンセルするとルーラー描画がおかしい問題修正。
  • ウィンドウ分割上下の位置をその秀丸内で覚えるようにする。

  2011/05/30 Ver8.10β6
  • HmJre.dll V3.39
     − ReplaceRegular / ReplaceRegularNoCase関数での第5パラメータに数値の2を指定することが出来る機能追加。
  • TSVモードのカラム選択入力で、内容のある行末のEOF以降でやり直しバッファが崩れる問題修正。
  • 置換ダイアログでも検索文字列の単語補完が働くようにする。
  • 検索/置換ダイアログで単語補完のリスト表示中はカーソル上下コマンドまたは単語補完上下キーコマンドが効くようにする。
  • 変換モジュールで変換中にメモリ確保に失敗したときの対策。

  2011/05/24 Ver8.10β5
  • 置換ダイアログでも検索文字列の単語補完が働くようにする。
  • 「一行の強調表示の計算に2秒以上がかかっています」が出る場合で「はい」を押すとUnicode文字の描画が乱れるのを修正。
  • マクロ実行ダイアログで拡張子が.macXのようなものは一覧に出さないようにする。
  • TSVモードのカラム選択入力で、EOFだけの行には入力しない。改行以降の扱いの修正。
  • TSVモードのカラム選択入力で、区切り文字の入力したとき新しいカラムは既定の幅にする。文字入力後の区切り入力は幅を更新。
  • カラーマーカーで編集したら分裂のとき、文字化けすることがあるのを修正。 URLをクリックしてブラウザを起動すると、その後「カーソルでスクロールする開始位置」が画面の端になってしまうのを修正。

  2011/05/19 Ver8.10β4
  • HmDWrite.dll V1.05
     − リモートデスクトップ環境で保護違反になったり文字が描画されなかったりするバグ修正。
  • HmJre.dll V3.38
     − [\u{xxxxx}]とか、[\u{xxxxx}-\u{xxxxx}]とかの指定が出来るように。
  • ツールバー詳細のリスト高さがアイコンモジュールによってずれる場合があるのを修正。
  • カラーマーカーで編集したら分裂のとき、描画が更新されないことがあるのを修正。
  • DirectWrite ON で縦書きモードの設定のとき描画されない問題修正。
  • 田楽DLLのダイアログがあるときsetactivehidemaruがうまくいかない場合があるのを修正。
  • DirectWrite ON でUnicode系のファイルを開いているときなどフォントサイズ変更ができない場合があるのを修正。
  • TSVモードでDirectWrite ON時かプロポーショナルフォント使用時、""内のタブ文字でカーソル位置がずれる問題修正。
  • TSVモードでカラム選択で改行以降にタブを入力するとき、入力されないことがあるのを修正。
  • 新タブモードでの秀丸リーダーの対応。

  2011/05/10 Ver8.10β3
  • HmDWrite.dll V1.04
     − DirectWrite有効時でTSV/CSVモードの時にマウスクリックした位置にうまくカーソル移動しなかったり保護違反が出たりすることがあるバグ修正。
     − DirectWrite有効時で、1行の長さが非常に長い場合でプロポーショナルフォントの場合にカーソル位置が微妙にずれる(誤差が出る)バグ修正。
     − DirectWriteでの文字間隔拡張を有効にしてる時、Tahomaフォントの場合での全角文字を使った場合のその間隔がいまいち拡張されないバグ修正。
     − DirectWriteでの文字ピッチの浮動小数点数計算でSSE命令セットを使うようにした。
     − DirectWriteの性能測定の時に、MS PゴシックだけじゃなくてTahomaフォントでの性能も表示するようにした。(フォントによって性能がけっこう違うようなので)
  • マクロ実行時、常駐秀丸のメニューから中断できるようにする。
  • 初インストール後のファイルタイプ別の設定をいじらずにDirectWrite使用でフォントサイズの設定がおかしくなるのを修正。
  • saveconfig文で一時的な状態のアウトライン解析の枠も保存するようにする。
  • 秀丸エディタ本体側のTSVモードでルーラー上のカーソル位置がずれることがある対策。

  2011/04/27 Ver8.10β2
  • HmJre.dll V3.37 (\x1Aがうまく検索できない問題修正)
  • 半角英字の後の半角空白入力の後でも「再変換」コマンドによるかな漢字変換し忘れの是正機能が働くするようにする。
  • ツールバー詳細で同じボタンを登録しようとする場合に警告を出すようにする。
  • Hidemarnet Explorerのツールバー作成中に閉じる操作でおかしくなる問題修正。
  • WebブラウズモードでTITLEタグ中のUnicode独自文字が文字化けする問題修正。
  • タブモードON,常駐OFF,クリップボード履歴ONでpoppasteが動作しない問題修正。

  2011/04/21 Ver8.10β1
  • Windows7のDirectWrite対応([動作環境]→[表示/操作]→[文字の描画]追加)
  • ダイアログのフォントをMeiryo UIにするオプション追加。([動作環境]→[環境]→[高度な環境]→[Meiryo UIを使う])
  • 整形ラインの表示の有無を表すキーワードformline追加。
  • マクロ実行ダイアログで上矢印キーで一番下に移動するようにする。
  • 画面の端(動作環境の「カーソルでスクロールする開始位置」)の位置でクリックした場合はスクロールしないようにする。
  • 単語補完の候補の太字部分がカーニングで描画がずれる対策。
  • キーリピートして下スクロールしたままファイル先頭にいったとき、スクロールバーが更新されないのを修正。
  • unicode("")が9を返してしまう問題修正。
  • スクロールアップ/ダウン(その2)は、検索ヒットの範囲選択後の場合は範囲選択解除するように変更。
  • UTF-8で1バイトの認識できないコードで?として表示するようにする。
  • Hidemarnet Explorerでコマンドラインからhttpを開いた場合、開いた後リダイレクトしている場合それがアドレスバーに反映されないのを修正。
  • プロポーショナルフォントでマウスでBOX選択時にずれるのを修正。



| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |

『戻る』