秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸エディタ > 改版履歴 > 秀丸エディタV8.01βの改版履歴 dummy

  秀丸エディタβバージョン改版履歴

  2010/07/29 Ver8.01(正式)
  • getresultex(14)でreplaceallでlinknext付きで置換した総数を返すようにする。
  • replaceallでlinknextを付けたときは自動的にbegingroupundo〜endgroupundoをした扱いにするなどの修正。

  2010/07/28 Ver8.01β14
  • Windows7でタブモード時のライブタスクバーサムネイルを×ボタンで閉じると内容が空になるのを修正。
  • ファイルマネージャ枠のフォルダモードで選択とは違う項目を右クリックして「選択」を選んだときクリック項目とは違う場所になるのを修正。
  • IMEのトゥルーインライン入力でGoogleIMEを未確定のままOFFにすると残骸が残ったりするのを修正。
  • TSV/CSVモードで大きなファイルを読み込み中はTSC/CSVモードの切り替えはできないようにする。
  • ヒストリ内容が空の設定内容を復元するとファイルマネージャ枠のヒストリモードで固まることがあるのを修正。
  • replaceallした後のやり直しで「選択した範囲内のみ」を元の状態に戻すようにする。

  2010/07/22 Ver8.01β13
  • Unicode文字が非常に長い単語になっている場合、検索ダイアログの表示が遅いのを改善。
  • MCBook編集モード時のタイトルバーの修正。
  • 参照ダイアログのTabキー移動、追加の条件ダイアログの矢印キー操作などの修正。
  • β12でマウスでの通常選択で横スクロールできなくなってしまったのを修正。
  • TSV/CSVモードで大きなファイルを読み込み中はカラムの操作はできないようにする。

  2010/07/15 Ver8.01β12
  • HmJre.dll V3.27
  • マクロで10秒待っても応答が無いエラーダイアログにseterrormodeについて書く。
  • 文字コード表示コマンドのスタティックコントロールの順番変更。(読み上げソフト用)
  • ファイルマネージャ枠でツールチップが出ているときの横スクロールでツールチップがそのままなのを修正。
  • ファイルタイプ別の設定で設定されていたフォントが無いとき「設定のリスト」ボタンを押す前と後で違うフォントになるのを修正。
  • マウスによるBOX選択で左右スクロールのスピードを緩やかにする。

  2010/07/08 Ver8.01β11
  • HmJre.dll V3.23
  • 次期アドインソフト用の対応。(MCBook編集アドインの対応。追記2010/07/29
  • 新タブモードでもファイルメニューのヒストリ右クリックから削除でメニューが出たままにできるように。
  • 異なるフォルダの秀丸エディタが起動しているときのメッセージでEscキャンセルできるように。
  • β9でのドラッグ&ドロップの修正で折り返しがあると行がずれてしまっていたのを修正。
  • 動作環境で正規表現DLLの変更するときのチェックでDllMainは呼ばないようにする。
  • デスクトップ復元でタブモードで別ウィンドウが未保存の場合操作できなくなることがあるのを修正。
  • 範囲選択かつ置換の前に確認のときの行頭削除するときの修正。
  • カーソル行のインストール後の初期状態をV8.00で下線モードにしていたのをやめて従来通り文字色モードにする。ファイルタイプ別の設定で下線モードのときのリセットはそのまま。
  • 横スクロールバーの自動調整ONのとき、置換した後に反映されないのを修正。
  • 正規表現の置換改行文字が制御コードとして入ってしまうのを修正。

  2010/07/01 Ver8.01β10
  • HmJre.dll 3.22
  • 「異なるフォルダの秀丸エディタが実行されているので起動できません」のメッセージが出ているときに既存の秀丸エディタで続行可能にする。
  • 瞬間起動の上限を30にする。
  • ウィンドウ分割で「スクロールしてもカーソル位置は固定」でスクロールしているのときカーソル位置の情報がおかしくなる問題修正。
  • 追加条件付きでgrep中にウィンドウ左上のアイコンが点滅するのを修正。

  2010/06/22 Ver8.01β9
  • HmJre.dll 3.21
  • [その他]→[動作環境]→[パフォーマンス]のやり直しバッファサイズの上限を増やす(10MB)
  • ドラッグ&ドロップ編集でUnicode独自文字が同じ行にあるときのカーソル位置のずれを修正。
  • フォルダヒストリを消去して自動的に現在のフォルダ1つだけになるとき、表示と内容が違うのを修正。
  • grepして置換で文字列が長すぎるとダイアログの表示時に落ちる問題修正。
  • ファイルヒストリやタブモードのタブのアイコン展開で落ちる場合の対策。

  2010/06/16 Ver8.01β8
  • HmJre.dll V3.20
  • インストーラの内部圧縮形式をCABにする。
  • /l オプションをヘルプに書く。
  • /lオプションの場合はヒストリに入れないようにする。
  • ファイルマネージャ枠のプロジェクトへの.hmbookファイルのドロップはプロジェクトを開くようにする。
  • 「指定行」コマンドで行数が多すぎてエラーが出るときファイルの最後へ移動するかどうかの選択を出すようにする。
  • .hmbookを手動で書き換えるとき、絶対パスじゃなくても解釈するようにする。
  • TSV/CSVモードで秀丸パブリッシャーで印刷時の対応。
  • タブモードのアクティブ順が一時的に固定になっているのを解除できなかったのを修正。
  • 置換の確認ダイアログでキーリピート操作後に操作できなくなる場合がある問題の対策。
  • ファイルの一部を開いているとき、読込み範囲に見つからないときのメッセージは置換のときは出さないようにする。
  • チルダ(~)がファイル名先頭にある場合はヒストリに残さないようにしてあったのをやめる。
  • β7で置換の一気で正規表現行頭からのヒットしない場合ができてしまったのを修正。
  • Unicode系ファイルの上書き保存でTSVモードの幅が自動計算されてしまうのを修正。
  • ブリーフケースのファイルを開いて名前を付けて保存したとき固まる対策。
  • ファイルマネージャ枠でワイルドカード指定時Windows7のライブラリでうまく表示されないのを修正。
  • ファイルマネージャ枠でzipフォルダはファイルとして表示するようにする対策その2。
  • デスクトップ上のショートカット(.lnk)のショートカットキーを起動後に押されたときにアクティブが失われる対策。

  2010/06/01 Ver8.01β7
  • マクロ演算子の!を二重にして0か1になるようにする。
  • ファイルマネージャ枠へのsetfocusが非同期でも確実にできるような改善。
  • 新タブモードで親ウィンドウを再利用するのをやめる。(外部プログラム起動の監視対象になるかもしれないので)
  • TSVモードで折り返しされた行からの上移動で落ちることがあるのを修正
  • config文でフォント名変更後saveconfigで実際には保存されないのを修正。
  • 置換の一気で正規表現行頭からの二重ヒットすることがあるのを修正。

  2010/05/20 Ver8.01β6
  • 追加・変更点
    • HmJre.dll V3.18
    • HmFilter.hmfをfilter文から呼び出すときToSpaceとToTabにパラメタを指定して開始カラムを無視できるようにする。
  • バグ修正
    • 置換で行数制限オーバーのエラーが出たときに何度もエラーが出ないようにする。
    • ファイルマネージャ枠で位置変更時の描画乱れの修正。
    • フォントサイズ大きめでClearTypeで、下線が乱れることがあるのを修正。
    • Hidemarnet Explorer で開くダイアログからftpを直接入力したときでもエンコードを指定を有効にする。

  2010/05/11 Ver8.01β5
  • 追加・変更点
    • HmJre.dll V3.17
    • ファイルマネージャ枠でもCtrl+数字キーに割り当てが無い場合の既定のマクロ実行の割り当てをできるようにする。
    • 等幅フォントでも文字の幅が違う場合は強制的にプロポーショナルフォント扱いにする(花園明朝フォントの対策)
    • 置換で行数制限オーバーのエラーが出たときはマクロ中断できるようにする。
    • 「デスクトップを開く...」でダイアログのシステムメニューに設定ファイル用のフォルダを入れる。
    • デスクトップ復元では既存の「このタブを最小化」を閉じる。(デスクトップ保存で「このタブを最小化」したものはできない仕様に)
    • 起動時のウィンドウ配置の位置指定はデュアルディスプレイの位置も可能にする。
  • バグ修正
    • ファイルを更新した状態での(現在の内容)でgrepで、BOMの認識をOFFにしているとうまくいかないのを修正。
    • 文字数計算で半角空白を数えないように記憶されていなかったのを修正。
    • 秀丸パブリッシャーでプレビュー後にやり直しボタンがグレーになっているのを修正。
    • 最小化されたウィンドウへのタグジャンプで復元しないのを修正。

  2010/04/27 Ver8.01β4
  • 追加・変更点
    • ファイルマネージャ枠にフォーカスがあるままマクロ実行してもフォーカスを維持するようにする。
    • キー割り当てのその他系に「ブックマークに追加...」「ブックマークの整理...」を追加。
    • 検索ダイアログでリアルタイム検索するときは検索文字列の強調の状態も即反映するようにする。
  • バグ修正
    • 「ファイルマネージャ枠切り替え」が「ファイルリスト枠切り替え」になっていたのを修正。
    • レジストリのUserPreferencesMaskでx-mouse設定になっているときにgrep処理後にフォーカスが失われる対策。
    • 検索での表示が「点滅表示」であってもマクロで正規表現でない改行文字が入っていると範囲選択となってしまうのを修正。
    • replacedown等で\x0dが制御文字(Mの反転)として入力されてしまうのを修正。
    • タブモードで分離してからタブモード解除でhidemarucountなどに余計なものが数えられるのを修正。
    • マクロでHmExplorerPaneへのsendmessageでブックマークを整理を出すとき経過時間で出ないことがあるのを修正。
    • ワードラップでキリル文字が多く含まれるとき読込みに失敗するなどの問題が起きるのを修正。

  2010/04/22 Ver8.01β3
  • 追加・変更点
    • 英語版秀丸などで英語でHilightと書かれているところをHighlightにする。(強調表示定義ファイルのhilightはそのまま)
    • マクロの「文法エラー」「式がおかしいです」が出るとき未知の単語の場合に詳細を出すようにする。
    • ファイルマネージャ枠でzipフォルダはファイルとして表示するようにする
    • endmacroでパラメータが無い場合は空の文字列を返したことにする。
    • アウトプット枠でgrep処理中は×ボタンで中断するようにする。
  • バグ修正
    • grep出力先を単一にしているときアウトライン解析の枠がうまく更新されないことがあるのを修正。
    • autocomplete文で-1で同期している場合のBackSpaceキーでビープ音が鳴らないようにする。
    • 新タブモードで/zオプションが効かないのを修正。

  2010/04/15 Ver8.01β2
  • 追加・変更点
    • loaddll関数で秀丸エディタを切り替えてから元の秀丸エディタに切り替え戻しても、解放せずに使えるようにする。
    • ブックマークの上限を増やす。
  • バグ修正
    • Hidemarnet Explorerのアドレスバーでhttp://とだけ入力されているときの対策など。
    • 最小化した秀丸エディタへsetactivehidemaruした時に切り替わらない問題修正。
    • ファイルマネージャ枠のブックマークの追加で上限にきたときエラーが出ないのを修正など。
    • アウトライン解析の枠を浮かせているとき関数一覧/強調一覧でクリックできない問題修正など。
    • 拡張子.lnkであっても内容がショートカットではなくて解析できないファイルの場合、そのまま開けていたのができなくなっていたのを修正。
    • タブモードONで常駐OFFのとき連続したhidemaru.exeの起動と終了で「共通フレームの作成に失敗しました。(1)」と出る問題の改善。
    • グループ化されたやり直しがバッファからあふれてできないときにエラーが出ない場合があるのを修正。
    • 新タブモードでもIMEの未確定中にウィンドウ移動でIME入力位置が追従するようにする。

  2010/04/08 Ver8.01β1
  • 追加・変更点
    • HmJre.dll V3.15
    • 「メニューバーの右側」の詳細に「単色背景」を追加。
    • Ctrl+ホイールアップ/ダウンのキー割り当てを「その他」系の「(何もしない)」にした場合は従来通りのホイール操作にする。
    • menu文で数が多いとき複数列になったときタブを空白に変換する処理を、XP以降ではしないようにする。
  • バグ修正
    • トゥルーインライン入力で変換候補がちらつくことがあるのを修正。
    • ファイルマネージャ枠でフォルダモードの右クリック後「選択」で落ちることがあるのを修正。
    • 複数のgrep実行時にキャプションのファイル名が最新のものしか表示されないのを修正。
    • strstr/wcsstrでUnicode文字の全角が判定できない場合があるのを修正。
    • ファイル名と思わしきところのカラー表示をカスタマイズするとURLと重複で範囲が異なるのを修正。
    • マクロで/*〜*/の対応が合わないときにエラーを出すようにする。



| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |

『戻る』