秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸メール > 秀丸メール・β版の改変内容 dummy

  秀丸メールβ版の改変内容

  2017/10/17 V6.76β9
  • 機能追加/仕様変更
    • HTMLメール編集アドイン上でも「To:/Cc:/Bcc:の宛先部分ではかな漢字変換をOFFにする」が効くようにした。(HTMLメール編集アドインのVersion 1.39とセットで入れ替えが必要)
    • 「返信メールの文字コードを返信元メールに合わせる」と「転送メールの文字コードを転送元メールに合わせる」はデフォルトでONにした。
    • text/plainパートとtext/htmlパートがまったく異なるHTMLメールを、htmlパートの方を優先する処理追加。plainパートが7bitでhtmlパートが8bitの場合は内容チェックするようにした。
    • 発信元の国識別の判定ロジック少々修正。「JP US JP」となってるケースはUS扱いするようにした。
    • IMAPでの「POP3風にダウンロードするだけのモード」の場合は秀丸メール上でのフォルダ操作はサーバー側に反映しない(問い合わせメッセージも出さない)ようにした。
    • tkinfo.dllの関数ヘルプに一部の隠し関数を追加記載した。(ValidateForFileName等)

  2017/10/11 V6.76β8
  • 機能追加/仕様変更
    • 振り分け設定の中にバイナリデータが混じることがあるみたいなので、とりあえず、振り分け設定の保存の処理で、おかしなバイナリデータがあったら警告表示して自動で修復するようにした。簡単振り分け設定にも。
    • 振り分け設定を書き換えた時、および簡単振り分け設定を実行した時に、振り分け設定の書き換え状況をFilterUpdateLog.txtファイルに保存するようにした。
  • バグ修正
    • IMAPサーバーにメールが1通も無い場合に、「内部エラー sock.cpp(18866)」のエラーが出るバグ修正。(最近のβ版でのレベルダウン)
    • ウィンドウメニューの中の項目をショートカットキーで選択できてなかったバグ修正。(V6.72付近からのレベルダウン)
    • マクロ登録の所でのマクロファイル名に相対パスを指定してる場合に、「編集」ボタンで開こうとするとエラーになるバグ修正。
    • 振り分け設定の中にユニコード文字がある場合に、振り分け設定を何も書き換えずにファイルタイプ別設定をOKしただけで毎回filter.txtが保存されなおしてしまう(&.bk0〜.bk9ファイルも更新されてしまう)バグ修正。

  2017/10/09 V6.76β7
  • 機能追加/仕様変更
    • 新着通知のバルーンをクリックしても秀丸メール本体ウィンドウが出くるようにした。というか、出てこないバグ修正。
    • IMAP4同期モードで未読/既読状態も同期する設定で、秀丸メール上で未読/既読切り替えしたのをサーバー側に反映する時、可能な限り複数メールまとめて切り替えるようにして、結果、大量メールの未読/既読切り替えを高速化した。
    • AOLのメールアカウント自動設定で、SSLを有効にした。
    • IMAP4の同期対象じゃないフォルダを選択した時でメールが0通の場合に、メール一覧枠に「(このフォルダはIMAP4の同期対象に指定されていません)」と表示するようにした。
    • サーバー上のメールの未読/既読状態の取得の処理について、「メール受信の高速化」がONの場合に高速動作するようにした。
    • POP3/IMAP4のモード変更した時に、モード変更をお勧めしないことの警告メッセージ表示するようにした。
    • outlook.comのアカウント毎設定の自動設定でのホスト名変更。「imap.live.com」がなぜか最近接続不可になってるみたいなので。
  • バグ修正
    • IMAPの同期アカウントで定期受信ON+IMAP IDLE監視ONだと受信後に「SELECT INBOX」コマンドが無限ループしてしまうバグ修正。(最近のβ版でのレベルダウン)
    • IMAP4での「即座に同期」をONにしてる時に、複数のメールをまとめて未読/既読切り替えした時のサーバー側への反映がうまく出来てなかったバグ修正。(1通だけしか反映されてなかった)
    • bbiq.jpのアカウント自動設定がうまくいってなかったバグ修正。(bbiqとすべき所をbbipとスペルミスしてた)

  2017/10/04 V6.76β6
  • バグ修正
    • 検索条件式の「transmit=」や「date=」で「指定なし」など指定した時にエラーになってしまってたレベルダウンバグ修正。

  2017/10/04 V6.76β5
  • 機能追加/仕様変更
    • 検索系コマンドでの追加の条件の中の送受信日時またはDate:ヘッダでの範囲指定で、「YYYY/MM/DD hh:mm」、「n日前 hh:mm」、「今日 hh:mm」の形式にて時刻指定できるようにした。
  • バグ修正
    • IMAP同期モードのアカウント配下のメールをゴミ箱に移動する時に、余計な警告メッセージが出るバグ修正。
    • 「アカウント毎の設定・上級者向け・容量チェック」で指定した容量が4096メガバイト以上か、またはサーバー上のメール総容量が4096メガバイト以上になると、判定が間違うバグ修正。
    • Windows10の場合でHTMLメールViewerが保護モードの時に、印刷または検索コマンドを実行して保護違反で落ちてしまうバグ修正。

  2017/10/02 V6.76β4
  • 機能追加/仕様変更
    • アカウント毎設定での「メールの移動/コピーもサーバー上に反映させる」のオプション廃止。同期モードの場合、メールの移動/コピーは必ずサーバー側に反映されるようにした。
    • IMAP同期モードでのメールの同期関係の処理をフォルダ別に処理するようにして高速化した。
    • 未送信フォルダのソート順が「このフォルダでのメール発生順」の「降順」の場合に、メール一覧の表示順とは逆順に送信するようにした。(送信済みフォルダ上でのメール発生順が逆転しない用)
    • IMAPでの未読/既読の同期での、サーバー側の未読/既読状態を秀丸メール上に反映する処理も高速化した。大量のメールの未読/既読切り替え時間が約半分になった。
  • バグ修正
    • IMAP同期モードで、受信済みメールかどうかの判定で内部的に矛盾が起きた時のフェールセーフ的処理のさらなる改良。UIDL.binファイルを自動で修復するようにした。
    • サーバー側の受信BOXの名前が全部大文字の"INBOX"じゃないケース("Inbox"とかのケース)でフォルダ名変更の同期などがうまくいかないことが多々あったバグ修正。その他、フォルダ名の大文字/小文字の区別の違いを無視するようにいろいろ修正。

  2017/09/26 V6.76β3
  • 機能追加/仕様変更
    • IMAPサーバーの同期モードの場合、分割されて送信されたメールがあっても自動では結合しないようにした。
    • 分割メールの結合の処理での無駄な処理改善。特に大量の分割メールをまとめて受信した時に遅かった。
  • バグ修正
    • IMAP同期モードで、受信済みメールかどうかの判定で内部的に矛盾が起きた時のフェールセーフ的処理が遅くて、大量に矛盾が起きた時に極端に遅くなってたバグ修正。およびデバッグモード時のログ出力追加。

  2017/09/25 V6.76β2
  • 機能追加/仕様変更
    • IMAPサーバーからメールを削除する処理についても、メールのIDをまとめて渡す方式にして高速化した。
    • 「メール受信の高速化」のオプションがIMAPサーバーでも多少効くようにした。メール一覧の取得に効くようにした。
    • アカウントの自動設定にドコモメール(@docomo.ne.jp)の設定を追加した。
    • HTMLメールViewerの保護モードの設定がOFFの場合で、Windows10の場合、HTMLメールViewerを別プロセスだけど整合性レベルは標準で実行するようにした。モニタ関係の設定変更で保護違反で落ちることが無いようにした。
    • 「アカウント毎の設定・メールサーバー・詳細・再試行」の「サーバーへのログインに失敗したら再試行する」がONの時の再試行の処理で、メールを受信する処理に入る前に切断した場合は必ず再試行するようにした。(ログインの後のメール一覧の取得とかで切れた場合でも再試行する)
  • バグ修正
    • 「ツールバー・ボタンの追加/削除...」を別モニタ上で実行するとアイコンがおかしいバグ修正。
    • HTMLメール編集アドインを起動したエディタを閉じてすぐに「新規メール」とすると固まることがあったバグ修正。(Version6.72からのレベルダウン)

  2017/09/15 V6.76β1
  • 機能追加/仕様変更
    • Yahoo!メールにIMAP4方式で受信する用の設定も自動設定できるようにした。
    • IMAPサーバーからメールを複数受信する時の方式を変更して高速化した。「UID FETCH」コマンドを1通ずつ実行するのをやめて、対象UIDをまとめて指定してまとめて受信するようにした。うまく動作しない時用の回避オプションとして「アカウント毎の設定・メールサーバー・詳細2」に「IMAPゆっくり受信」オプションを追加した。
  • バグ修正
    • 「全般的な設定・メール表示・詳細(表示関係)・もっと詳細」の「秀丸エディタ風のウィンドウメニュー表示」をONにした時に出てくるウィンドウメニューが、Windows10上でうまく描画されないバグ修正。(V6.72からのレベルダウン)


『戻る』

| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |