秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸メール > 秀丸メール・β版の改変内容 dummy

  秀丸メールβ版の改変内容

  2017/02/27 V6.64β7
  • 機能追加/仕様変更
    • HTMLメールViewerが保護モードの時に、Ctrl+Home/Ctrl+EndキーでHTMLメールのスクロール動作になるようにした。
    • アカウントやフォルダを削除する時に検索結果の一覧があると警告が出てたのを、警告無しで削除できるようにした。&、検索結果に削除対象のメールがあっても検索結果ウィンドウの結果からそのメールが消えるだけで、検索結果のウィンドウ自体は消えないようにした。
    • 振り分けアクションの「音を鳴らす」の音用ファイルに「run:XXXX」のような指定をしてプログラム実行できるようにした。&、「message:XXXX」のような指定をしてメッセージ表示も出来るようにした。
    • 振り分けアクションでの「音を鳴らす」の「...」ボタンで参照するファイル拡張子を、WAVファイルだけじゃなくて、音楽ファイル全般にした。
    • 「スレッド中の最新メールを基準に並び順を決める」はデフォルトでONにした。
    • 迷惑メールフィルターのURLチェカーで、検索結果が0の場合で外国語メール&発信元=外国の場合はwhois検索せずに迷惑判定するようにした。
  • バグ修正
    • 検索フォルダが検索フォルダのアイコンじゃなくて普通のアイコンで出てきてしまうことがあるバグ修正。(最近のβ版でのレベルダウン)
    • 検索フォルダのメール数表示が「?」となってる状態(検索開始したけどすぐに中断した場合)、秀丸メールを再起動してから検索フォルダを選択しても自動で更新してくれないバグ修正。(昔からのバグ)
    • 迷惑メールフィルターのURLチェッカーがCustom Search APIを使うモードの時に、「詐欺」のような、2バイト目が「\」と同じ文字コードの全角文字が化けて、結果、判定精度が落ちてたバグ修正。
    • 「下の未読メール」で折りたたまれたアカウントを間違ってスキップしてしまうことがあるらしいバグ修正。(原因がよく分からないので、とりあえずβ6で追加した高速化の処理を元に戻した。)
    • フォルダにメールが1通のみの時に「振り分け」を実行してそのメールが別のフォルダに移動した後に、メール内容枠の表示が更新されないことがあるらしいバグ修正。再現条件がよく分からないので、とりあえず対処療法的な対策を入れてみた。

  2017/02/20 V6.64β6
  • 機能追加/仕様変更
    • フォルダが極端に多い場合の、フォルダ一覧表示の遅延処理中に「下の未読メール」などでフォルダをまたがる時の性能改善。一度展開して折りたたんだアカウントが太字じゃない場合にスキップする処理追加。
  • バグ修正
    • フォルダ数が極端に多いアカウントを一度展開してすぐに折りたたむと、未読メールがあってもアカウントが太字表示されないことがあるバグ修正。
    • 秀丸メール本体ウィンドウ上でメールアドレスを選択して「..をアドレス帳に追加」とすると、「秀丸エディタ相当部分の初期化に失敗しました」のエラーが出るバグ修正。(最近のβ版でのレベルダウン)
    • 「内部エラー:不正なフォルダ番号要求・・・」のエラーが間違って出ることがあるバグ修正。(昔のバージョンから極まれに発生してるらしい)

  2017/02/16 V6.64β5
  • 機能追加/仕様変更
    • HTMLメールViewerがHTMLメールを表示してる時に、マクロの「#n = sendmessage( hidemaruhandle(0), 0x111, 40119, 0 );」で、「印刷」コマンドと同等に印刷が実行できるようにした。(秀丸エディタ標準の旧タイプ印刷にならないで、秀丸パブリッシャーやHTMLメールViewerでの印刷が実行されるようにした)
    • HTMLメールViewerが保護モードの時に、何かHTMLメールViewer対象のコマンド(印刷など)実行した時に、保護モードから通常モードへ切り替わった後に自動でコマンド実行を継続するようにした。(HTMLメールViewer V3.04とセット)
    • HTMLメールViewerを保護モードから通常モードに一時的に戻す、HtmlViewerNotIsolate関数追加。(HTMLメールViewerとセット)
  • バグ修正
    • 秀丸メール本体ウィンドウ上で、マクロから秀丸パブリッシャーをロードして印刷する時に、EnterPrintMulti無しだとファイル名相当の所(メールの件名などが印刷されるはずの所)がおかしくなるバグ修正。
    • 印刷時のヘッダを指定してる場合で、外国語メールをエディタ・ウィンドウ上で印刷する時に文字化けするバグ修正。
    • 外国語メールの場合に、秀丸パブリッシャーのBOXとしてファイル名を印刷すると、そこの中が文字化けするバグ修正。
    • メール数の少ないフォルダの場合にフォルダのアイコン指定してても標準アイコンで出てきてしまうバグ修正。(V6.64β2でのレベルダウン)

  2017/02/14 V6.64β4
  • 機能追加/仕様変更
    • 秀丸エディタがインストールされてない環境で「マクロ・マクロ登録...」の「編集」ボタンを押したりした時に、秀丸「エディタのインストール場所が分からない」のエラーメッセージを表示せずに、メモ帳を起動するようにした。
    • フォルダ数が極端に多い場合にフォルダ名変更/アカウント名変更をすると長時間固まる性能問題対応。
  • バグ修正
    • 送信済みのHTMLメールを元にHTML形式のままで返す用のテンプレートで返信メール/転送メールを生成すると、「nbsp」がメール本文に出てくることがある等、メール本文の余計な所に改行コードが入っておかしくなるバグ修正。
    • 画像入りのHTMLメールに対してHTML形式で返信メールを作成した時に、返信元メール本文の画像がリンク切れになることがあるバグ修正。「src='xxxx.jp'」のようにシングルクォーテーションだったり=の前後に改行があったりするとダメだった。
    • 送信済みのHTMLメールを元にHTML形式のままで返す用のテンプレートで返信メール/転送メールを生成すると、画像がリンク切れになるバグ修正。
    • iOS用のgmailアプリから届く画像入りHTMLメールの画像がリンク切れになって出てくることがあるバグ修正。「Content-Id:<>」のようになってても、出来る範囲でリンクがつながるようにした。
    • 同じく、iOS用のgmailアプリが「Content-Id: <>」のようなおかしな形式で返信しないようにする対策。HTMLメールの中に画像を含む場合の画像のヘッダにX-Attachment-Id:を付けるようにした。

  2017/02/07 V6.64β3
  • 機能追加/仕様変更
    • アカウントを新規作成した時に、SSL2.0/3.0はデフォルトで無効になるようにした。
    • アドレス帳での検索結果のマウス右ボタンメニューに「元のグループで選択」コマンドを表示するようにした。コマンド名の中でグループ名も分かるようにした。
    • アドレス帳の検索メニューに「重複メンバーの確認」コマンドを追加した。メンバー上のマウス右ボタンメニューにも、重複してる場合はそのコマンドが出るようにした。
  • バグ修正
    • フォルダが多い場合、秀丸メールを起動してすぐに「検索して一覧作成」を実行すると、「検索中に、対象フォルダ(またはフォルダ内のメール)に何からの変化が発生しました…」のエラーが出るバグ修正。(V6.64β2でのレベルダウン)

  2017/02/03 V6.64β2
  • 機能追加/仕様変更
    • フォルダが大量にある時の、フォルダ枠でのメール数表示を遅延して実行する処理のトータルの処理時間を短縮した。
    • フォルダが大量にある時でメール数表示が遅延して実行されてる最中にアカウント名/フォルダ名変更した時に待たされる時間も短縮した。
    • kwscode:ヘッダによってメールのヘッダが分断されたメールを自動修復して解釈するようにした。
    • アドレス帳の設定に「確認メッセージ」ページを追加して、メールアドレス/名前の重複確認メッセージをON/OFFできるようにした。
    • To:ヘッダなどでのオートコンプリートの候補表示時に、アドレス帳のメンバーを候補表示する時は、それの属するグループ名も表示するようにした。
    • アドレス帳・メンバーのダイアログボックスのメールアドレス欄でもオートコンプリートするようにした。
    • メールデータやアドレス帳の暗号化をONにするとカスペルスキーさんが誤検知することについて、ヘルプに注意書きを追加した。

  2017/01/30 V6.64β1
  • バグ修正
    • Content-Type:によるファイル名指定とContent-Disposition:ヘッダによるファイル名指定のどっちを優先するかのロジックで、文字化けしてない方を優先するはずが、ファイル名の文字コードが日本語でない場合にうまくいってなかったバグ修正。
    • 文字コードの指定が「shiftjis」と指定されてても、それをShift-JISとして解釈するようにした。(普通はshift-jisやshift_jisと指定されてるはずだけど)
    • RFC2231形式のファイル名の指定で、「filename*0*=」の直後に改行してるとうまく解釈できてなかったバグ修正。
    • 添付ファイル・ファイル名が外国語の場合に、簡略表示ヘッダに「添付:」を指定してると表示が狂う(改行が1つ減る)バグ修正。
    • UTF-8文字コードの送信済みメールをエクスポートするとメール本文の日本語が化けるバグ修正。(半角カナを全角に変換する処理が、utf-8文字コードの文字列をShift-JISと思って処理してしまってた)


『戻る』

| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |