秀丸ファイラーClassicの紹介

機能紹介
概要
いままで通り
新OSの対応
タブモード
ブックマークと
リンクバー
ドラッグ&ドロップ
マウスジェスチャ
「開く」ダイアログ
一括リネーム
便利機能

  ドラッグ&ドロップ

ヒント

コピーされるのか移動されるのかわかりやすいようにヒントを表示させることができます。
 
(ドラッグ&ドロップのオプションで「ドラッグ中にヒントを表示」)


確認メッセージ

ドロップしたときにコピーや移動を失敗しないように、確認メッセージで選択することができます。

(ドラッグ&ドロップのオプションで「ドロップ時に確認メッセージを表示」)


バックグラウンド処理

ドラッグ&ドロップのオプションで「バックグラウンド処理」をONにしておくと、ドラッグ&ドロップで大きなファイルをコピー中でもウィンドウが固まることはありません。
(条件はヘルプ参照)


エクスプローラがドラッグ元の場合、通常はエクスプローラのほうが固まってしまいますが、バックグラウンド処理ではエクスプローラが固まるのも回避できます。



その他各種ドラッグ&ドロップ操作

ファイルのドラッグ&ドロップ以外でも、各種ドラッグ&ドロップ操作ができます。

リンクバー/ツール項目バーでは並べ替えや、バーへファイルをドロップして登録・コピー・プログラムにファイルを渡して起動などができます。

タブをドラッグ&ドロップすると、分離や分割などが自由にできます。


『ページのトップへ』


| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |