秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸エディタ > 秀丸エディタβバージョン改版履歴 dummy

  秀丸エディタβバージョン改版履歴

  2018/09/20 Ver8.85β5
  • [その他]→[動作環境]→[編集]→[高度な編集2]に「最終行の下矢印キーはファイル末尾に移動」を追加。
  • カーソル位置の単語の強調で、編集操作やマクロ実行後などの調整。
  • クイック全置換でで単語の判断がうまくできていなかった問題修正。
  • replaceallquick文追加。
  • seterrormodeの指定でcallでラベルが見つからないときにエラーを無視できるように修正。
  • menu文などのサブメニューの記述対応。

  2018/09/12 Ver8.85β4
  • カラー絵文字がONのとき、特定の文字(UnicodeでU+0001F923など)がカラーにならない問題修正。
  • 「カーソル位置の単語」の強調で、カーソル移動の加速時や対応する括弧の強調があるときの調整。
  • to lower caseやTO UPPER CASEでキリル文字とギリシャ文字の対応。
  • メニュー編集のダイアログのチェック状態の読み上げ対応。
  • クイック全置換で、csvモードでクイック全置換実行後、カラムの幅調整がされるように修正。
  • ファイルマネージャ枠のマクロのdllfuncstr用の関数で、HmExplorerPane.dllにGetCurrentDirを追加。
  • 結合文字がONのとき、キリル文字とギリシャ文字にトレマ(U+0308)などの結合文字が結合されない問題修正。
  • マクロ実行時に、内部的な処理として共有メモリの確保に失敗したときに異常終了する場合がったのを、落ちないように対策。

  2018/09/05 Ver8.85β3
  • 置換ダイアログの「全置換▼」のドロップダウンに「クイック全置換」を追加。
  • 通常の全置換の進捗ダイアログにクイック全置換へのリンクテキストを追加。
  • [その他]→[動作環境]→[検索の色付け]の固定の色の数を16個に増やすように修正。
  • grepで特定のUnicode文字の検索がうまくできない問題修正。
  • BOX選択でドラッグ中とボタンを離したときで、文字幅やタブなどによって選択位置が変わる場合があったのを、変わらないように修正。
  • 常駐秀丸エディタの右クリックからの動作環境のステータスバーの設定で落ちるバグ修正。
  • selectcolormarkerで対象が無い場合にresultが変化するように修正。
  • 「検索での表示」が「範囲選択」のとき検索後にサイズ変更すると範囲選択が広がる問題修正。(β1の問題)
  • 折り返し文字数が最大でタブ区切りの長いテキストのときなどの描画速度の改善。
  • 変換モジュールに改行コードをLFのみで渡す暫定仕様の対応。

  2018/08/28 Ver8.85β2
  • マクロでrunex文を繰り返して、中断した後、操作できなくなったりおかしくなる問題修正。
  • 「カーソル位置の単語」の各種調整。(数字/選択中/キーリピートではしない、colorcodeでは取得しない、優先順位を下げる)
  • タイムスタンプのチェックでダイアログが出るとき、タイムスタンプの取得に失敗しているときは失敗したことを表示するように修正。
  • マウスの中ボタンを押してスクロールするときの移動量の高DPI時の修正。
  • insert文の第3パラメータでインデントの詳細設定を指定できるように修正。

  2018/08/21 Ver8.85β1
  • [その他]→[動作環境]→[環境]のマクロファイル用のフォルダと設定ファイル用のフォルダは、インストール直後の初期状態は%APPDATA%という環境変数を使って表現するように変更。
  • [その他]→[ファイルタイプ別の設定]→[デザイン]に「カーソル位置の単語」を追加。
  • [その他]→[動作環境]→[その他のコマンド]→[タグジャンプ]でタグジャンプ対象を正規表現指定しているとき、アウトプット枠でも適用されるように修正。
  • 日本語(EUC)で読み込むとき、8F A2 B7(JIS X 0212の0x2237)を「〜」として読み込むように変更。
  • スクロールしてもカーソル位置は固定ONで、スクロール後にウィンドウサイズを変更したとき、カーソルの点滅が消えることがある問題修正。
  • getcolormarkerの第1パラメータに0x0100のフラグを追加して、表示に使われている名前付きレイヤーの情報を取得できるように修正。(この場合第2パラメータは無視)
  • マクロ実行中はautocomplete -1;による操作はリアルタイム入力は無効となるように変更。



| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |

『戻る』