秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸エディタ > 秀丸エディタV8.30βバージョン改版履歴 dummy

  秀丸エディタV8.30βバージョン改版履歴

  2013/05/29 Ver8.30(正式)
  • ダブルクリックの2回目のボタンを押したまま右クリックするとマウスカーソルが矢印になってドロップする挙動になるバグ修正。

  2013/05/23 Ver8.30β42
  • [その他]→[動作環境]→[トラブル対策]→[詳細]→[アクセラレータありの場合にスクロールが乱れる場合の対策]を追加。(デフォルトON)
  • 設定内容の復元で以前に存在してたファイルタイプ別設定(の種類)が残ってしまっているときに整理する処理でうまくいっていない点などを修正。
  • β39でmenu文ではカーソル行にかぶらないようにしたけど、mousemenu文ではかぶってもいいようにする。
  • ウィンドウ分割中にサイズ変更して小さくして解除された後、再び表示させようとすると分割できないバグ修正。
  • ガイドライン(縦)の「インデント用」はTSV/CSVモードでは働かないようにする。

  2013/05/20 Ver8.30β41
  • 保存時にもWindows共通の「最近使ったファイル」(最近使った項目)に入れる処理を通す。

  2013/05/13 Ver8.30β40
  • 折り返しをまたぐ選択で、カーソルが選択開始位置にあるとき、左矢印キーを押すとカーソルが選択の開始位置ではなく1つ左に移動してしまうのを修正。
  • 折りたたみ可能な行の枝の表示を「なるべく遅延せずに描画」の設定のとき、上下検索するとき一瞬カーソル行ではないところに枝が表示されるバグ修正。
  • ファイルを開いた直後にインデント用の折りたたみ可能な行の枝が表示されていて、遅延してアウトライン解析が完了して折りたたみ可能な範囲が変化するとき、枝も更新する。
  • 検索ダイアログを出したままタブをダブルクリックしたときは分離/移動先のダイアログは出ないようにする。

  2013/05/07 Ver8.30β39
  • アウトライン解析の枠で背景色が一部黒くなることがあるのを対策。
  • ユーザーメニューを出した状態でキー割り当てで同じメニューを連続で出すと内容が見えなくなる問題修正。
  • menu文で画面の下にはみ出て上に表示される場合、カーソル行が隠れないようにする。
  • grepで最小化状態で実行、プロポーショナルフォント、折り返し文字数がウィンドウ幅に合わせる、非タブモードなどの条件のときに異常終了することがあるバグ修正。

  2013/04/30 Ver8.30β38
  • HmJre.dll V3.53を添付。(?#safemode)付きの時にちゃんと最大長さにヒットするようにする。「(|a)+x」が"x"にヒットしないバグ修正など。
  • 縦中横の文字間がメイリオで広く見えるのを調整。
  • config文のxAutocompDicのファイル名はダブルクォーテーションでくくれるようにする。(例:config "xAutocompDic:\"c:\\space file name.txt\"";)
  • setsearchhistの常駐指定のパラメータとgetregbinaryの拡張パラメータがうまく動いていなかったバグ修正。

  2013/04/19 Ver8.30β37
  • HmJre.dll V3.51 に更新して(?#safemode)の記述対応。
  • 英語版において一部日本語記述のままだった部分があったのを修正。
  • 縦書きで縦中横がメイリオの場合ずれるのを修正。
  • 検索ダイアログでの改行文字が含まれているときの警告をクリックしたらヘルプが出すようにする。

  2013/04/17 Ver8.30β36
  • 画面のDPIが大きいと開くダイアログの95タイプでボタンの大きさが一部変なのを修正。
  • 読み込み時に変換できなかった文字にジャンプするときに行がずれることがあるバグ修正。
  • ツールバーデザインに「ボタンの周りの余白」を追加。
  • localgrepでsearchoption2相当のフラグを数値指定できるようにする。
  • 自動インデントで落ちる場合があるバグ修正。
  • カラーマーカー付きの比較をして、1つのカラーマーカーを削除すると、比較モードから抜けてしまうバグ修正。
  • 開くダイアログで\だけを入力したときの対応。

  2013/04/08 Ver8.30β35
  • ステータスバーの文字数の計算方法の組み合わせで設定が記憶されないバグ修正。
  • タブモード時にiskeydownが1秒後以降でも非同期的にならないバグ修正。。
  • setencodeの第3パラメータでBOMを指定できるようにする。
  • UNCパスをgrepダイアログを出すとき普通タイプだとワイルドカードが*.*になってしまうバグ修正。

  2013/04/04 Ver8.30β34
  • getcolormarkerで0x40で終端を取得するとき行末もできるようにする。
  • β33で改行だけのカラーマーカーを付けると次の行にも付いてしまっていたバグ修正。

  2013/04/03 Ver8.30β33
  • 32bit版に動作環境に「32bit版」を追加して、VirtualStoreを無効にするかどうかを設定できるようにする。(誤字修正2013/04/24)
  • 動作環境の「その他トラブル対策」に「検索ダイアログなどのフォントを合わせない」を追加。
  • 幅ゼロのカラーマーカーが折り返した行で表示されないバグ修正。
  • getcolormarkerで幅ゼロまたは終端の情報を取得できるようにするパラメータ追加。
  • 範囲選択すると幅ゼロのカラーマーカーが見えてしまうのを修正。
  • アウトライン解析のツリー表示のWindows8のタッチでスクロールする操作の対応。
  • ドラッグ中に行番号部分にマウスをオーバーさせると異常終了することがあるバグ修正。
  • 検索ダイアログで検索文字列などのヒストリから複数行のものを選んだときフォーカスが失われてしまうのを修正。

  2013/03/28 Ver8.30β32
  • selectcolumnはパラメータ省略時はカーソル位置のカラムを選択する。
  • クリップボード履歴のウィンドウがアクティブなときは変更があったときはすぐに再描画する。
  • 自動起動マクロをデスクトップ復元時も実行するとき、動作環境の「新規に秀丸エディタを起動するとき自動でデスクトップ復元する」の最初の秀丸エディタで適用されないバグ修正。
  • Windows7で2ストロークキーの設定をしているとき、遅延時間中にAlt+Tabで他のソフトに切り替えたあとにメニューが出現するとAlt+Tabのキー操作ができなくなる問題の回避。

  2013/03/19 Ver8.30β31
  • HmDWrite.dll V1.17に更新して、Meiryo UIなどのベースラインが合わない問題の調整。
  • 「grepの文字数制限を超えて検索された可能性があります。」の警告のときのヘルプページを個別にする。
  • execmacro内でsetcompatiblemode 0x20000;しているとき退避/復元されていなかったバグ修正。
  • 秀丸ファイラーClassicの開くダイアログで将来フォントの指定できるようになるための事前対応。
  • マクロでアウトプット枠にレジストリの色の設定の変更を反映させるコマンド値追加。
  • なめらかスクロールのPageUp/Downの度合い調整できるようにする。

  2013/03/14 Ver8.30β30
  • コンテキストメニュー直下の「秀丸エディタで開く」のときUACの昇格が必要な場合は問い合わせを出すようにする。
  • アウトプット枠のタグジャンプが常駐系のソフトがあるとうまく動かない場合の追加の対策。

  2013/03/12 Ver8.30β29
  • ソートで改行の0x0dは対象にしないようにする。
  • ソートで数値の大小関係でソートでプラス/マイナス/小数点は計算オフのとき、多くの桁数の対応。
  • lineupdatedキーワード追加。
  • 欧文のとき0x81 0x40というバイトの並びがあると全角文字の記号表示として出てしまうのを修正。
  • getautocompitemでカーソル位置が移動しないようにする。
  • マクロでShift-JISの全角1バイト目だけを扱うような操作をしたとき落ちる場合がある問題の対策。
  • コンテキストメニュー直下の「秀丸エディタで開く」で失敗したときのエラーメッセージを詳しくする。

  2013/03/07 Ver8.30β28
  • β26でのソートの修正がうまくいっていなかった点を修正。
  • lineupdatedキーワード追加。(削除2013/03/08)
  • アウトライン解析がツリー表示のとき、ファイルタイプ別の設定をOKして更新したときに見出しバーの表示で落ちる場合があるバグ修正。

  2013/03/06 Ver8.30β27
  • β26でマクロの別の秀丸エディタの切り替えで異常終了する場合があるバグ修正。
  • 横スクロールして行末にイタリックの強調表示があるとき、ずれた改行などが表示されるバグ修正の追加。
  • grepで常に行数制限を解除しているとき、ファイル一覧で遅かったのを修正。

  2013/03/05 Ver8.30β26
  • マクロの変数が多いときの速度改善。
  • ソートで「プラス("+")/マイナス("-")/小数点(".")も計算」がONのとき、小数点から始まる数値と"0"だけの一文字の比較がうまくいかないのを修正。
  • ソートで「プラス("+")/マイナス("-")/小数点(".")も計算」がONのとき、1.23E+4などの指数表現も解釈する。
  • CSVモードで上書き禁止のときはソートの操作で編集できないというメッセージを出す。
  • CSVモードでソート実行後に選択カラムより実際の行のカラムが少ないときカラム選択がずれるバグ修正。
  • CSVモードでフリーカーソル位置での入力で自動的なカンマが足らないことがあるのを修正。
  • BOX貼り付けのとき、CSVモードは行末以降では自動的に区切り文字を入れる。
  • 横スクロールして行末にイタリックの強調表示があるとき、ずれた改行などが表示されるバグ修正。

  2013/02/25 Ver8.30β25
  • BOX選択で幅ゼロのときもカラーマーカーできるようにする。
  • BOX選択のカラーマーカーで、EOFには色付けできてしまっていたのを修正してできないようにする。
  • selectcolumn文追加。
  • 保存時に変換できなかった文字があるときのメッセージ内容の改善。

  2013/02/21 Ver8.30β24
  • getautocompitemは範囲選択を解除しないようにする。
  • V8.00以降でUTF-8で「読み込むときEOF制御文字を無視」ができていなかったバグ修正。
  • 単語補完でクリップボード履歴を対象として日本語の取得ができていなかったのを修正。
  • 選択幅ゼロのカラーマーカーを付けられるようにする。
  • nextcolormarker文で現在のカーソル位置から検索するフラグ追加。

  2013/02/14 Ver8.30β23
  • colormarker文などでレイヤーを持たせることができるようにする。(誤記修正2013/05/31)
  • β22でBOXで何も無いところにカラーマーカーが付いたことになるバグ修正。

  2013/02/07 Ver8.30β22
  • アウトプット枠の「次の結果」「前の結果」で空白の行は飛ばすようにする。
  • BOX選択でも一時的なカラーマーカーとcolormarker文を適用可能にする。
  • TSV/CSVモードで範囲選択したままタブストップの更新が働くと範囲選択がずれるバグ修正。

  2013/01/31 Ver8.30β21
  • selopenx selopeny が32bit版でBOX選択のとき左下の場所が得られていなかったのを修正。
  • 関数一覧でXXX::operator+=(xxx)のような書き方でも出るようにする。
  • アウトプット枠の「次の結果」「前の結果」がV8.30βで常駐系のソフトがあるとうまく動かない場合があるバグ修正。
  • 「次の結果」「前の結果」コマンドでアウトプット枠の場合はタグジャンプできない行は自動的に無視する。

  2013/01/29 Ver8.30β20
  • runexで標準出力のパラメータに8を指定してアウトプット枠に追加できるようにする。
  • grep出力先を「単一」「グループごと」にしているとき「(現在の内容)」でgrepすると行番号が出ないバグ修正。
  • autocomplete文で1以上を指定して直接決定する場合、日本語の候補がうまくいかなかったのを修正。
  • フィルタで行数が大きく変わって行番号の桁数が変わり、ウィンドウ幅に合わせた折り返し文字数が変化するとき、アンドゥバッファの異常が起きるバグ修正。
  • クリップボード履歴で「同じ内容は無視」のときのチェックを終端NULL文字までにする。(エクスプローラの名前の変更での貼り付け対策)
  • V8.30β13以降でファイルヒストリにフルパスで128文字くらいで「&」の文字が幾つかある場合、「buffer overrun at widetext::free()」のエラーが出てしまうバグ修正。
  • 「次の結果」「前の結果」コマンドでアウトプット枠の場合はタグジャンプできない行は自動的に無視する。(削除2013/01/30)

  2013/01/21 Ver8.30β19
  • 中ボタンでアクティブ切り替えするとタイトルバーに(閲覧中)と出てしまうのを修正。
  • 比較の色付けでの上限を増やす。
  • スクロールバーがグレー状態のとき、クリックしても何も起きないようにする。
  • getautocompitem関数追加。
  • autocomplete文の第一パラメータで10以上も指定できるようにする。
  • プロポーショナルフォントやTSV/CSVモードの場合にBOX範囲選択してる時のselopenxの値がおかしいバグ修正がV8.21でうまくできていなかったのを再修正。
  • HmDWrite.dll V1.16 に更新して、MS 明朝の一部のフォントサイズで『「』の上の線が消える場合がある問題修正。(追記2013/01/22)

  2013/01/11 Ver8.30β18
  • β17で秀丸パブリッシャーでのプロポーショナルフォントの印刷で落ちる場合があるバグ修正。

  2013/01/10 Ver8.30β17
  • ステータスバーのフォントのスライダーを、子ウィンドウではなくポップアップウィンドウに変更。
  • アクティブ切り替え直後の自動起動マクロでgeteventparamでタグジャンプによるものかどうかを判断できるようにする。
  • V8.30βで秀丸パブリッシャーでのプロポーショナルフォントの印刷で文字間隔がずれる問題修正。

  2013/01/07 Ver8.30β16
  • 開いているファイルのエンコードの種類がUnicode以外でも全てのフォントを選択可能にする。
  • 動作環境のトラブル対策にエンコード別の文字セットのみにするオプション追加。
  • 非アクティブなときにマウスでクリックしたとき、他のファイルで読み込まれたメッセージが出たらカーソルでスクロールする開始位置が無くなるのを修正。
  • Unicodeで0x00010000以上の文字で、IVSでない文字が、文字コード表示のダイアログにサンプルの文字が出ていなかったのを修正。
  • getsearchhist,getreplacehistで-1を指定することで最大数を取得できるようにする。
  • setsearchhist,setreplacehistで第3パラメータに2を指定することで使用数を設定できるようにする。
  • grep, grepdialog2文で、エンコード指定とsearchoption2相当の値を数値でパラメーター指定できるようにする。
  • ファイルを開いた直後のgeteventparamで、タグジャンプによって開かれたかを判断できるようにする。
  • インストーラで他のプロセスによってファイルが開かれているときのメッセージ改善

  2012/12/20 Ver8.30β15
  • β14でgetsearchhist,setsearchhistの修正分がうまくできていなかったのを反映。

  2012/12/19 Ver8.30β14
  • getsearchhist,setsearchhistで常駐の状態を取得/設定できるようにする。
  • ステータスバーのカーソル位置の文字コード表示で、テキスト範囲外にカーソルが来てしまった場合の対策。
  • アウトライン解析の枠でEnterを押したときは選択を変更していなくても該当する見出しにジャンプする。
  • インデントのよる折りたたみで「コメントのC言語のラベル等の無視」のオプションがONのときはphpなどのヒアドキュメントも無視するようにする。
  • アウトライン解析のダイアログのときはフォーカスが失われたときの選択色は標準の色にする。
  • ステータスバーのフォントサイズのスライダーがリセットボタンを押すと描画されないことがあるのを対策。
  • 韓国語(Johab)にすると全角文字がうまく描画されないのを修正。
  • 認識エラーのメッセージの文を変更。

  2012/12/10 Ver8.30β13
  • ファイルヒストリが長い場合に短縮する処理で、Unicodeの計算がずれていたり遅かったりすることがあるのを修正。
  • 秀丸ファイラーClassicの開くダイアログで長いファイル名のものが開けないことがあるのを修正。
  • V8.30βにおいて禁則処理の全角の折り返しがおかしかったのを修正。
  • V8.30β12で、grep出力後に動作環境の「貼り付け後のカーソル位置」が変わってしまうのを修正。

  2012/12/06 Ver8.30β12
  • grepダイアログのフォルダ名など、フォーカスを移してからクリックすると横スクロール位置がずれることがあるのを修正。
  • 変換モジュールを呼び出すときメモリ不足になりにくいようにする&メモリ不足のエラーメッセージを表示した後にhMemをLocalFree2してないバグ修正。
  • ファイルタイプ別の設定のデザインで、範囲選択の色に「反転色」「半透明背景」追加。
  • [動作環境]→[ファイル]で秀丸ファイラーClassicのメニューを出してEscするとダイアログの中身が空になることがあるのを修正。
  • setcompatiblemode 0x80000;でマクロ実行後にもカーソル移動後と編集後の自動起動マクロを動かせるようにする。
  • grepで常に文字数制限等を解除した状態で実行したとき全体がちらつくのを改善さらに。
  • 折りたたみ用の余白が「閉じて開く」のとき前の状態が一瞬出るのを改善
  • 新規作成状態からファイルを読み込んだときなど、見出しバーのフォントが拡張子のものではなく直前のままの場合があるのを修正
  • デスクトップ復元で最大化されたものが混在するとき「1行の文字数を越えたウィンドウを自動的に小さくする」によるサイズ制限が働かないことがあるのを修正。
  • V8.20でreplayキーワードがうまくうごかなくなっていたバグ修正。
  • grepでヒットした内容が大量にある場合の画面表示の高速化。
  • アウトプット枠への出力が大量にある場合の画面表示の高速化。
  • アウトプット枠に対して1行の長さが極端に長い場合に全角文字やユニコード文字が化けることがあるバグ修正。
  • アウトプット枠への出力を、なるべくなら行単位にするけども、行端になってないデータについてはキャラクタ単位で出力するようにした。
  • アウトプット枠のタイトルバーについてのユニコード対応。
  • プログラム実行のコマンドラインに極端に長い文字列が入力されると落ちてしまうことがあるバグ修正。
  • アウトプット枠にNULL文字が出力された場合に出力結果がずれることがあるバグ修正。

  2012/11/27 Ver8.30β11
  • 検索のヒストリとgrepファイル/フォルダのヒストリ上で右クリックして「ヒストリに常駐」できるようにする。
  • 折りたたみの設定に「なるべく遅延せずに描画」を追加。
  • 折りたたみ用の余白の枠の色をクラシックのとき灰色にする。
  • grepで常に文字数制限等を解除した状態で実行したとき全体がちらつくのを改善その2。
  • マクロファイル用のフォルダの読込みの効率化の改善。
  • grepのフォルダ参照ダイアログが旧タイプのときに参照でOKできないことがある問題修正。

  2012/11/20 Ver8.30β10
  • あいまい検索のオプションで「UnicodeのIVS(異体字セレクタ)を無視する」追加。(HmJre.dll V3.50)
  • IVSで、結合前の文字だけにヒットさせた場合、半濁音などの結合文字と同様に分けて表示するようにするなどの調整。
  • フォントの情報の平均幅が半角ではなく全角の幅が返ってきているフォントのルーラー幅やキャレット幅の対策。
  • grepで常に文字数制限等を解除した状態で実行したときのファイルマネージャ枠などが描画されないなどの調整。
  • filetypeキーワードでプログラム実行中のウィンドウは"executing"を返すようにする。
  • copyword にパラメタを指定して連続した単語を指定可能にする。
  • searchdialog文ではfind2と同様に検索文字列の強調が更新されないようにする。
  • HmExplorerPane.dllにGetUpdated関数追加。
  • 設定内容の復元のときに主要な設定のフォルダの存在チェックをする。
  • C言語用インデントで文字列の中の「(」を判断しないようにする。
  • ファイルタイプ別の設定の背景ストライプ表示に間隔を追加して数行おきに指定できるようにする。
  • 動作環境のタイトルバーの表示に「ファイル名のみ+フルパス」を追加。
  • クリップボード系コマンド「カーソルより後ろを切り抜き」を追加して、マクロのcutafter文追加。
  • 簡体字中国語の自動認識の精度を上げる。
  • 折りたたみ用の余白の+/-を、カーソルキー上下でスクロールするときはなるべくすぐ表示する。

  2012/11/15 Ver8.30β9
  • UnicodeのIVS(異体字セレクタ補助)対応。([その他]→[動作環境]→[編集]→[高度な編集2]の結合文字のオプションがONのとき)
  • Windowsの色の設定で「ウィンドウ」の背景の色を変更したとき、タブモードのタブが即反映されないのを修正。
  • MS UI Gothic でフォントサイズによって結合文字がうまくいかないのを修正。
  • play文で再生したファイルがロックされたままになるのを修正。
  • grepで常に文字数制限等を解除した状態で実行したとき全体がちらつくのを改善。
  • 見出しバーの高さがアウトライン解析が関数一覧かツリー表示かによって違うのを修正。

  2012/11/07 Ver8.30β8
  • β7でgrep結果が出た直後、正規表現での検索文字列の強調がされなくなっていたのを修正。

  2012/11/06 Ver8.30β7
  • バグ修正
    • 秀丸メールで正規表現の強調表示を使っていてHmJre.dllのロードに失敗して、EOF非表示だと落ちてしまうバグ修正に関する反映。
    • アウトライン解析の枠を縦書きにしていると、検索強調+フォーカスの項目がずれてるバグ修正。
    • 見出しバーのフォントのエンコードの種類別の設定がBOMを解釈するタイミングなどによってうまく反映されない問題修正。
    • β6の文字コード表示の修正が不完全だったのを修正。
    • grep中に各種バックグラウンドで働く処理を抑制する。
    • インストーラで常駐秀丸エディタが消えていない場合の対策。

  2012/11/01 Ver8.30β6
  • バグ修正
    • 関数一覧または強調一覧のとき、検索文字列を強調して、さらにアウトラインでも検索文字列を含む見出しを強調していると、折りたたみ用の余白に[+]が出ないのを修正。
    • V8.22β1で非タブモードで「ウィンドウ」メニューから他のウィンドウを選択してもアクティブが変わらなくなってしまっていたのを修正。
    • 全角1バイト目で行が終わるとき2バイト目があるかのような描画がされていた問題修正。
    • 文字コード表示で全角1バイト目だけや、JIS X 0212、EUC補助漢字などができなくなっていた問題修正。
  • 機能追加/仕様変更
    • [その他]→[動作環境]→[ファイル]の「その他(H)...]に、「ドット( . )を含むファイル名を自動的に拡張子と判断する」を追加。(デフォルトON)
    • 「タブ文字の上にカーソル移動した時」をプロポーショナルフォントとTSV/CSVモードでもできるようにする。(ただし貫通はできない)
    • 折りたたみ可能な条件に、「コメントとC言語のラベル等の無視」を追加。(デフォルトON)
    • platformキーワードで持ち出しキットで動作中かどうかのビット追加。

  2012/10/26 Ver8.30β5
  • V8.22β1〜4だったものをバージョン番号を変更し、V8.30βにする。
  • バグ修正
    • 「動作環境・表示/操作・カーソル操作」の「クリック対象の文字」が「文字の中央で分ける」の時に、全角文字の右半分をクリックしても左側にカーソルが移動してしまうバグ修正。(V8.22βでのレベルダウン)
    • マクロで「&&」、「||」、「!」を並べて使った時の警告メッセージのヘルプページで、「(!xxx)」と書くべき所が「!(xxx)」と間違った表記になっていたバグ修正。
    • インデント用のガイドライン(縦)で、インデントした最初の行が改行だけだった場合の対応。
    • 折りたたみ時の終端の指定で「終端の空行は除外する」のとき、折りたたみ対象が1行だけの場合除外できていなかったのを修正。
    • V8.22βの修正でBOX選択したとき表示が崩れるのを修正。
    • DirectWriteの関数ポインタが異常な値を示した場合の対策。
  • 機能追加/仕様変更
    • nextoutlineitem,prevoutlineitemで、パラメータを指定して「自動的な選択/部分編集の対象」がOFFの見出しにもジャンプできるようにする。
    • 最新バージョンの確認のサーバー変更対応。(β版では確認できません)
    • アウトライン解析のダイアログの中で、検索ダイアログを出して、Alt+Aで適用して閉じたときにダイアログ内の強調表示を更新する。
    • 折りたたみ可能な条件の設定で、「終端の空行は除外する」を「終端の空行とコメントは除外する」に変更して、コメントも除外できるようにする。
    • 「検索での表示」が「範囲選択」のときで検索して選択されたときは範囲選択用の折りたたみの枝は表示しない。

  2012/10/22 Ver8.22β4 (Ver8.30β4相当)
  • バグ修正
    • 全角空白を記号で表示する設定の時に、全角空白が3つ以上連続で並んでる所の後半部分の全角空白記号がうまく表示されないバグ修正。
    • DirectWrite=ON、ちらつき防止=OFFの設定だとフォントサイズを変更した時などに画面に文字が描画されなくなってしまうバグ修正。
    • 固定ピッチフォントでタブ文字を含む等の条件が重なると、全角文字の中間部分にカーソルが乗ってしまうことがあるバグ修正。

  2012/10/22 Ver8.22β3 (Ver8.30β4相当)
  • バグ修正
    • マクロの途中でdisablehistory 0x40;/disablehistory 0x00;でクリップボード履歴の取る/取らないを切り替えて、それの直前/直後にクリップボードの書き換えをすると、クリップボード履歴の取れら方が期待通りにならないバグ修正。(添削2013/05/30 disabledrawではなくdisablehistory)
    • 「タブ毎のサムネイルを表示しない」がOFFの時に、「このタブを最小化」とした時に、タスクバーに最小化したタブが出てこないことがあるバグ修正。
    • JISじゃないファイルをJISのつもりで読み込んだ時におかしいバグ修正。
    • 横スクロールした時に全角文字の半分が描画されずゴミが出ることがあるバグ修正。(V8.22β1でのレベルダウン)
    • 新タブモードの時に、横スクロールで文字カーソルが行番号の上に出てくることがあるバグ修正。
    • DirectWrite=ONの時にガイドライン縦線の点線が行と行の間でつながってしまうバグ修正。
    • DirectWriteはOFFだけどもちらつき防止の描画方式だけONにした時に、実はちらつき防止になってなかったバグ修正。(V8.10β4くらいでレベルダウンしてたらしい)
    • 矩形範囲選択で、ユニコード文字の全角文字と普通の全角文字とで「範囲に入るかどうか」のロジックが違っていたバグ修正。
    • アウトラインの設定が「強調一覧」になってる時で、アウトライン枠も見出しバーも折りたたみ用の余白も表示しない設定の時に、「nextfoldable 0x20;」を実行した時に、行の強調1〜4以外の所にヒットしないバグ修正。
  • 機能追加/仕様変更
    • 強調表示文字列が新形式(長さ250バイト以上のデータがある場合)の時、レジストリでの保存先の名前を変更するなどして、旧バージョンで読み込んでも問題が出ないようにした。
    • タブモード詳細の「配置」ページの「タブを分離して新しいウィンドウで起動」の中の、「外部から起動される時」のサブオプションとして、「(複数ファイルは分離しない)」を追加した。
    • 行単位範囲選択またはワード単位選択してから選択した範囲外の文字上をShift+クリックした時に、既存の選択範囲を含んだ形で追加で文字が選択されるようにした。
    • タブモード詳細のヘルプをページ毎に分けた。
    • 「ファイルタイプ別の設定・デザイン」の「ガイドライン(縦)」のプロパティに「インデント用」を追加した。(インデント用に行頭から空白/タブが続いてる部分にのみ縦線が表示されるオプション)
    • 「ファイルタイプ別の設定・アウトライン・折りたたみ」の「折りたたみ可能な条件の指定...」の中に、「折りたたみ時の終端の指定」のオプション3種類追加。ついでにヘルプボタンも追加した。

  2012/10/17 Ver8.22β2 (Ver8.30β2相当)
  • バグ修正
    • ウィンドウをリサイズして折り返し桁数の再計算が動くと落ちてしまうことがあるバグ修正。(V8.22β1でのレベルダウン)

  2012/10/16 Ver8.22β1 (Ver8.30β1相当)
  • バグ修正
    • ユニコード(UTF-16/UTF-8/UTF-7)のファイルを読み込んで変換ミスがあった時の警告メッセージが出た時の、「変換した場所にジャンプする」とした時の移動先がいまいち正しくないバグ修正。
    • UTF-7のファイルを読み込んでNULL文字があった時に警告が出ないバグ修正。
    • 折り返し桁数の計算で非常に時間がかかった時に、[EOF]よりも下の余白行に余計なゴミが一時的に表示されることがあるバグ修正。
    • 特定ユーザー様の所で貼り付けが出来ないことがある問題対応。CF_TEXT/CF_UNICODETEXTが無くてもCF_OEMTEXTがあれば、そこから貼り付けを実行するようにした。
  • 機能追加/仕様変更
    • マクロのundo命令のパラメータで数値の3を指定したら、「動作環境・編集・全置換のやり直し」で指定した方法でundoするようにした。
    • ツールバーの検索欄で、下矢印キーを押しただけで(Alt+下矢印じゃてくても)履歴の一覧を表示するようにした。
    • 強調表示文字列の長さ制限を、半角249文字程度から半角999文字程度まで拡大した。
    • Windows Vista以上でATOKを「詳細なテキストサービスをOFFにする」の状態で使っている時に限って、かな漢字変換のUndo時に変換する前の状態に戻すようにした。
    • 「文字コード表示」で、文字を4倍に拡大して表示するようにした。
    • 結合文字関係についていろいろ対応。
      • タイ語の結合文字(U+0E31〜U+0E3A, U+0E47〜U+0E4E)と結合半角記号(U+FE20〜U+FE23)に対応した。
      • タイ語の場合で、3文字以上が連結しててもうまくいくようにした。
      • コードページがタイ語になってる時のタイ語の結合文字対応についても正しく処理されるようにした。
      • 文字コード表示で、結合文字も正しく表示しつつ、結合してる文字の文字コードすべてを表示するようにした。
      • 印刷の時に結合文字がうまく結合してなかった(と思う)バグ修正。
      • 固定ピッチフォントで結合文字を使った時に、折り返し桁数の計算に結合をちゃんと配慮するように(結合した文字全体を1文字とカウントするように)した。
      • 結合文字が折り返し部分で分断されないようにした。
      • 「結合文字を1つの文字として扱う」をOFFにした時は中途半端に結合して描画されることが無いように、結合する可能性のある文字は1文字ずつ描画するようにした。(ただしコードページがタイ語になってる時のタイ語結合文字は例外)
    • 「動作環境・ウィンドウ・タブモード・詳細・配置」に「Ctrl+Tab時の分離されたタブの扱い」のオプションを追加した。分離されたタブについてもCtrl+Tabキーで移動出来るようにした。
    • U+02E5〜U+02E9等、複数の文字がくっついて別の文字に変化するケース(結合文字とはちょっと違う)で表示が乱れることがあるバグ修正。というか、そういうケースについては文字ピッチを常に固定して描画するようにした。(なので、余計な余白が発生するけども、それは仕方が無いってことにした。)
    • ユニコード文字(Shift-JIS範囲外の文字)が大量にあっても折り返し桁数の計算などであんまり遅くならないようにした。
    • BOM付きのUTF-16/UTF-32のファイルを読み込む時に限り、ユニコードの範囲内の文字かどうかのチェック(ユニコードのバージョンが古い時代の、まだ未定義の文字が多数あったころ前提のチェック)をしないようにした。
    • utf-8文字コードのファイルを読み込んだ後にフォントや折り返し桁数などが変化してなくても折り返し桁数の再計算が必ず実行されてしまう問題の改善。
    • 「動作環境・表示/操作・文字の描画」に「プロポーショナルフォント時のタブ文字の最低幅」のオプション追加。
    • 「setcompatiblemode 0x20000;」の仕様変更。0x20000;を複数回実行しても、検索条件のバックアップは最初の1回目の時だけにして、さらに、後で0x20000のフラグをoffにしても、マクロ終了時に必ず検索条件を復元するようにした。
    • マクロで「!」と「||」、または「!」と「&&」を並べて使った場合に警告メッセージを表示するようにした。&、トラブル対策のページで警告を出さなくするオプションを追加した。ヘルプもいろいろ追加記述した。



| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |

『戻る』