秀まるおのホームページ
ホーム ソフトウェア ライブラリ ご購入方法 サポート ソリューション 公式マニュアル 書籍紹介 リンク
 ■ 秀まるおのホームページ(サイトー企画) > ソフトウェア > 秀丸エディタ > 秀丸エディタβバージョン改版履歴 dummy

  秀丸エディタβバージョン改版履歴

  2020/11/24 V8.96β4
  • ファイルタイプ別の設定をキャンセルした後や文字コード表示で異常終了する問題などのバグ修正。
  • 書記素クラスター単位の_gcuが付く文/キーワードは、折り返し1つをまたぐのを許容するように変更。

  2020/11/19 V8.96β3
  • moveto_wcs, moveto_ucs4などの各種UCS-2/UCS-4単位の文、cmulenやmoveto_cmuなどのカーソル移動単位、gculenやmoveto_gcuなどの、書記素クラスター単位の文/キーワード/関数の追加。
    (詳細はマクロヘルプの「文字の単位」を参照)
  • 文字列の数え方変換の関数の各種追加と、従来のものをwcs_to_char, char_to_wcs, ucs4_to_char, char_to_ucs4に名前変更して、パラメータに行番号も指定できるようする。(従来のものは互換で残す)
  • title文のUnicode対応。
  • fontmodeで結合文字やカラー絵文字の設定状態の取得の追加。
  • 文字コード表示コマンドのダイアログが画面からはみ出さないような対策。
  • 常駐秀丸エディタが無くなっているときの自動的な修復処理の追加。
  • プログラム実行のアウトプット枠への出力で、UTF-8でC3 97が0x817E(U+00D7)ではなく半角のラになってしまう問題修正。
  • 肌色指定付きの家族絵文字などがうまく結合文字として出てこないバグ修正。
  • gettextでカラー絵文字の末尾で範囲がずれる問題修正。

  2020/11/12 V8.96β2
  • 「制御コード入力...」コマンドで、Unicodeの16進数のコードを指定して入力できるように修正。
  • 「文字数計算」コマンドのダイアログのカーソル移動単位の指定追加。
  • charcount関数で第2パラメータで対象文字列を指定可能にする対応と、0x00000088でカーソル移動単位の指定の追加。
  • ucs4len, ucs4leftstr, ucs4rightstr, ucs4midstr, ucs4strstr, ucs4strrstr, ucs4index_to_charindex, charindex_to_ucs4index追加。
  • 「結合文字を1つの文字として扱う」のオプションを新規インストールでのデフォルトONに変更。
  • アウトプット枠の作成失敗時の各種対策。デバッグモードが有効の場合の情報の追加など。
  • 比較の選択ダイアログの初期選択をV8.94で比較対象を再度選ぶようしていたのを、ウィンドウ一覧の表示順がアクティブ順に設定されているときは、従来通りアクティブ順で上位のものを選ぶように修正。
  • V8.96β1のウィンドウ分割時の左クリックでもすぐに操作できる修正はやめて従来通りとなるように修正。

  2020/11/04 V8.96β1
  • ファイルタイプ別の設定が一時的な設定のとき、「強制的に保存」ボタンのドロップダウン操作で保存や名前を付けて保存ができるように修正。
  • createobjectで管理者によるRegSvr32やRegAsmの登録なしに、DLLファイル名でCOMオブジェクトを作成できるように修正。(HmRegAsm.exeとHmRegAsm.dllを付属)
  • 比較は部分編集の末尾までとなるようにする変更。
  • [その他]→[ファイルタイプ別の設定]→[デザイン]→[表示1]のURLなどのカスタマイズに「ドメイン名の強調」「ホスト名の強調」を追加。
  • [その他]→[動作環境]→[検索]→[検索ダイアログ]→[前回の検索文字列を使う]に「常に」「選択なし時のみ」を追加。
  • 単語左/単語右の判定にU+4E00~U+9FD5にあってShift-JISに無い漢字も含めるように修正。
  • 検索ダイアログの「すべて検索」の「スクロールバーにマップ」がONのときの各種改善。
  • ステータスバーのカーソル位置の文字コードのちらつき低減。
  • split -1;のパラメータで動作環境による自動判定を追加。
  • 読込み直後の検索ダイアログの後に認識エラーが出るようなケースで範囲選択を引きずる問題の修正。
  • ウィンドウ分割時の左クリックでもすぐに操作できるように修正。



| プライバシーポリシー | 各サービスにおける個人情報の利用目的について |

『戻る』